遠くの光に踵を上げて

明日に咲く花 - 決意

「あれ? ジョシュもう帰るの?」
「ああ、ちょっとな」
 研究所の門前で鉢合わせたサイラスに軽く答え、ジョシュは目的の場所へと足を向ける。まだ勤務時間は終わっていないが、用があるからといって抜けさせてもらったのだ。普段は夜遅くまで仕事をしていることが多いため、このくらいの融通は利かせてもらえる。とはいえ、ジョシュが頼んだのは初めてのことであり、上司も少し驚いた様子で、よほどの用件だと思ってくれたようだった。

 研究所からそう遠くないところにある、何の変哲もないごく普通の学校。
 ジョシュはその門前に到着すると、校舎の方を見やった。昇降口の前には下校する生徒たちが溢れ、若々しい賑やかな声が上がっている。この分だと、すでに帰ってしまった生徒も多そうだ。
 あいつ、まだいるかな――。
 会えなかったら何のために仕事を抜けてきたのかわからない。こんなことならもう少し早く来れば良かった、と後悔しつつ、次々と出てくる生徒たちを確認していく。そのとき、周囲から頭ひとつ抜け出た少年が目についた。向こうもジョシュに気付いたようである。
「おにいさん!」
 アンソニーは人なつこい笑顔を見せながら、小走りで駆けつけてきた。
「どうしたの? 偶然……なわけないよね?」
「おまえに話があって来た……んだけど……」
 そう言いながら、彼についてきた小柄な少女にちらりと視線を向ける。随分と子供っぽく見えるが同級生なのだろうか。アンソニーが実年齢より大人びているせいで、隣にいると余計にそう見えるのかもしれない。
「あ、紹介するよ。僕の同級生で彼女のカナ、こっちは姉さんの同僚のジョシュ」
「こんにちは」
「あ、ああ……」
 カナに可愛らしい笑顔で握手を求められ、ジョシュは慌てて右手を差し出す。アンソニーに彼女がいるということは、以前に聞いたので知っていたが、ユールベルからあの話を聞いたせいか戸惑いを隠せない。
「カナ、ごめん。おにいさんと話してくるから、今日は先に帰ってくれる?」
「うん、じゃあ、またあしたね」
 カナは素直にそう答え、ジョシュに礼儀正しくお辞儀をし、アンソニーには手を振って去っていく。
「で、どこで話をするの?」
「ああ……歩きながら……」
 これからするのは誰にも聞かれたくない話なので、喫茶店に入るわけにもいかず、ジョシュにはそれしか思い浮かばなかった。変に思われはしないかと心配したが、アンソニーは特段気にする様子もなく、じゃあ……と言って、カナの去っていった反対側へ足を向けた。

 二人は無言のまま並んで歩く。
 何かを察してか、ただの偶然か、アンソニーは人通りの少ない道を選んでいるように見えた。早く切り出さねばと思うものの、彼がスタスタと足を進めるため躊躇われてしまう。
 どこへ向かっているのだろうか――。
 ジョシュはチラリと隣を窺った。彼は初めて会ったときよりも背が伸びていて、今はジョシュよりも高くなっている。そこにこだわりを持っているわけではないが、何とはなしに敗北感を覚え、小さな溜息とともに足もとに視線を落とした。

「ここならどう? あまり人が来ないけど」
 ほとんど会話らしい会話もせず、30分ほど歩くと、アンソニーは唐突にそう口を切った。
 ジョシュは顔を上げる。
 眼前は大きく開けていた。正面の煤けたガードパイプの下方には、大きな川が流れている。少し冷たい風が新鮮に感じられて心地いい。そして、まわりには、確かにあまり人がいなかった。
「あ……ああ……」
「良かった。おにいさんとここ来たかったんだよね」
 アンソニーはそう言って屈託なく笑うと、河原へと続く石段を下りていく。彼が何を考えているのか今ひとつ理解できず、眉根を寄せながらも、ジョシュはその背中を追ってゆっくりと階段を下り始めた。

「おまえたちのことを聞いた」
 石段を下りきったところで、ジョシュは河原の小石を踏み鳴らしつつ切り出した。
 アンソニーは不思議そうな顔で振り向く。
「どういうこと?」
「それは、その……ユールベルとおまえの関係というか……えっと……」
 覚悟は決めてきたつもりだったが、いざとなると口に出すのが憚られ、みっともないくらい狼狽えた曖昧な言い方になってしまう。しかし、アンソニーは、その様子で何を言いたいのか理解したようだ。一瞬、息を呑んで目を見開いたが、すぐに溜息をつきながら両手を腰に当て、いかにも残念そうに大きく抑揚をつけて言う。
「なんだぁ、先生、喋っちゃったんだ」
 今度はジョシュが目を見開いた。
「え……? 先生って、サイラスか?」
「先生から聞いたんじゃないの?」
「俺は、ユールベルから聞いた……」
「へえ、姉さんが……」
 アンソニーは斜め下に視線を落としながら考え込んだ。まさかユールベル本人が言うとは思わなかったのだろう。考え込みたくなるのも無理はない。だが、それをいうならジョシュも同じである。
「サイラスは知ってたのか?」
「まあね、僕が言ったから」
 半信半疑で尋ねると、アンソニーは事も無げにさらりと答える。なぜ、サイラスにだけ話したのか疑問に思ったが、彼はサイラスを慕っており、ユールベルと付き合ってほしいと願っていたようなので、あえて本当のことを話しておいたのかもしれない。
「それで……あいつ、何か……」
「何も」
 彼がいつ知ったのかはわからないが、ユールベルと接する態度に変化はなかった。それ自体は悪いことではない。だが、知りながらなぜ放置していたのかがわからない。他人事だから関わらなかったのだろうか。関わるべきではないと思ったのだろうか。
 しかし、ジョシュは、このままにはしておけなかった。
「おまえ、もうあんなことはやめろよ」
「なに、おにいさん嫉妬してるの?」
 アンソニーは軽く笑いながら、茶化すように答えた。だが、ジョシュは表情を険しくしたまま崩さない。
「真面目に言ってるんだ。こんなこと……ユールベルも、おまえも、余計に傷つくだけじゃないのか? 残るのは虚無感と罪悪感だけだろう。根本的な解決にはなってない」
 感情を抑えて諭すようにそう言ったが、その途端、アンソニーの目がぞっとするくらい冷たくなった。無表情のまま、少し顎を上げてジョシュを見下ろす。
「姉さんが壊れそうになって震えてるのを、黙って見てろって?」
「そうじゃない。方法が間違ってると言ってるんだ」
 ジョシュは額に汗を滲ませながら言い返した。一瞬だが、遥か年下の彼に、言いしれぬ恐怖を覚えた。ラグランジェという恵まれた家で生まれ育ちながら、なぜこんなにも冷たく荒んだ目が出来るのかわからない。
「おにいさんはいいよね」
 彼はフッと鼻先で笑って、視線を流す。
「姉さんが落ち着いているときに会って、楽しく過ごすだけなんだから」
 その静かな声に、ジョシュはまるで鈍器で後頭部を殴られたように感じた。何も言葉が出てこない。
 アンソニーは顎を引き、厳しい顔になる。
「僕は一緒に暮らしてるんだよ。良いときも悪いときもずっと一緒にいるんだよ。たとえ一時でも落ち着かせられるなら、そうしてやりたいし、そうしなければいられない。あんな姉さん見てられないんだ。間違ってることくらい僕だってわかってる。じゃあどうすればいいのさ。間違ってるって責めるんだったら解決策を提示してよ」
「……ただ話を聞いてやるだけでも、だいぶ違うんじゃないか」
 そう答えながらも、ジョシュは自分の言葉が嫌になるほど空疎に感じられた。戸惑いが声に滲む。言っている方がこれでは、何の説得力もないだろう。案の定、アンソニーは呆れたような顔で溜息をつく。
「何もわかってないくせにアドバイスするなんて、随分無責任だね」
「そりゃ、何もかも知ってるわけじゃないが……」
 さすがに『何もわかってない』などと言われては、反論せざるを得ない。家族であるアンソニーとは比べようもないが、少しずつともに過ごす時間を積み重ね、わかり合おうとしてきたつもりである。けれど、彼はそれを軽い冷笑で薙ぎ払った。薄い唇に笑みをのせ、挑発するような眼差しで言う。
「いいよ、教えてあげる。姉さんのこれまでを」

 アンソニーから聞かされた話は、想像もつかないほど壮絶なものだった。
 幼い頃に本家一人娘の魔導の暴発を受けて、左目の視力を失ったうえ、目のまわりに消えない傷を負ったこと。
 実の親に疎まれて虐待され、結界を張った部屋に7年も監禁されていたこと。
 その結界を自力で破って自由を手に入れたこと。
 本家一人娘を階段から突き落としたと誤解され、責められ、壊れかけたこと。
 そのとき世話してくれた人を好きになったが、冷たい態度でにべもなく拒絶され続けたこと――。
 あまりのひどさに、口を覆って絶句するしかなかった。いったいユールベルの味方はどこにいたのだろうか。アンソニーも、ほんの数年前まで姉がいることすら知らなかったらしい。
 無茶苦茶だ。何なんだこれは、どうしてこうなった。
 怒りで体が震える。まだ見たこともない彼女の両親に憎しみさえ覚えた。
 今なら理解できる。彼女が両親と離れて暮らしていることも、サイファが親代わりになっていることも、研究所でいきなり特別研究チームに配属されたことも。当主としての義務なのかもしれないが、彼女を守ってきたのはサイファだけだったのかもしれない。しかし、それもここ数年のことのようだ。

「わかったよね? 同情なんてやわな感情で支えられるものじゃないって」
「……同情なんかじゃない」
 ジョシュは低く確かな声で言い切った。
 確かに、生半可な気持ちでは支え切れないだろう。それがわからないほど愚かではない。わかっていてもなお、ユールベルを守りたいと強く思ったのだ。同情もあるかもしれない。だが、どうでもいい相手だったらここまで考えはしない。彼女と出会う以前は、他人との関わりを望まず、たとえ同情を感じても行動を起こすことはなかったのだから。
「じゃあ、おにいさんの決意を聞かせてよ」
「決意……?」
 思わず聞き返すと、アンソニーは燃えるような鮮やかな青の瞳を、まっすぐジョシュに向けた。
「行動以前に言葉にすら出来ない人を、僕は信用しない」
 ジョシュはごくりと唾を飲んだ。
 さらさらと川の流れる音が、急に大きく聞こえてきた。それに同調するかのように鼓動が高まっていく。誤魔化す理由も必然もない。ただ、アンソニーに認めてもらえるか自信がなくて、怖かった。
「……俺は」
 随分と長い沈黙のあと、ジョシュはやや擦れた声で切り出した。