遠くの光に踵を上げて

三度目の家庭教師(後編)

「絶対あやしい!!」
 ジークの向かいに座るアンジェリカは、思いきり眉をひそめて力説した。白いテーブルの上で、小さなこぶしをぎゅっと握りしめている。その前に置かれた紅茶の水面には、小さく細波が立っていた。
「二人とも幸せそうな顔して、まったりお茶なんか飲んで……魔導の訓練とか言ってるけど、本当だかわかったものじゃないわ」
 ジークは休憩時間にアンジェリカに会いに行ったのだが、なぜか、彼女はわざわざこの王宮内の喫茶店へジークを連れて来た。いつもはアカデミーの仕事部屋でお茶をするのに、いったいどうしたのかと思ったが、理由は彼女の話を聞いてすぐにわかった。サイラスもいるあの部屋で、こんな他言無用の話をするわけにはいかなかったのだろう。ただ、ここに他の客はいないが、カウンター内の店員が少し気にしてそうな素振りを見せている。興奮しきっているアンジェリカは気付いていないようだが――。
「落ち着けよ」
「ジークは他人事だから落ち着いていられるのよ!」
 とりあえず宥めようとしたジークに、彼女は間髪入れずに切り返す。ジークにとって「他人事」と言われたことは甚だ不本意だが、今はそれを議論するときではない。感情をぐっと抑えて言葉を繋ぐ。
「そうじゃねぇよ。レイチェルさんのことを信用してるんだって。おまえ、自分の母親だろ?」
 アンジェリカの顔に翳りが落ちた。複雑な表情を見せながら、それでも強気を失うことなく言い募る。
「そうだけど、あの二人には前科があるんだから」
「前科、ねぇ……」
 その前科でおまえが生まれたんだけど、とジークは思ったが、もちろん口が裂けてもそんなことは言えない。カウンター内の店員に聞こえたか気になったが、アンジェリカが声のトーンを落としたので、離れたところにいる彼には届いていないようだ。ジークはさらに声をひそめて尋ねる。
「でも、サイファさんは二人を信用してるんだろ?」
「お父さんは甘いのよ。現に一度寝取られてるじゃない」
「……おまえ、そんな言葉どこで覚えてくるんだよ」
 ジークは深く溜息を落とすと、テーブルに肘をついて額を押さえる。
「ああ、もうっ! こうしている間にもお母さんたちは密室で二人きりなのよ! 焼けぼっくいに火がついたらどうしてくれるの?! もしかしたらもう手遅れかもっ!!」
「心配しすぎだって」
 ジークがそう言っても、アンジェリカが落ち着くことはなかった。苛ついたように、眉を寄せて唇を噛みしめる。やがて、いてもたってもいられない様子で、バンと勢いよくテーブルに両手をついて立ち上がった。
「ジーク! 偵察にいくわよ!!」
「……へ?」
 目をぱちくりさせたジークの腕を、彼女は強引に掴み、引きずるようにして喫茶店をあとにする。テーブルに残した紅茶には、まだ口もつけていなかった。

 二人は王宮を抜け出し、ラグランジェ本家に向かう。アンジェリカはともかくとして、ジークはそろそろ仕事に戻らねばまずいのだが、とてもそんなことを言い出せる雰囲気ではない。
 アンジェリカは持っていた鍵を使い、重厚な扉を、ゆっくりと音を立てないように開いた。
「あら、お嬢様」
 気配に気付いて出てきた年配の家政婦が、不思議そうに声をかけた。が、アンジェリカが険しい顔で人差し指を唇に当てて見せると、彼女は慌てて口を閉じて片手で押さえる。
「行くわよ」
 アンジェリカは抑えた声でそう言い、ジークの腕を引っ張りながら屋敷に入る。ジークは気が進まなかったが、振り切って逃げるわけにもいかず、渋々ながら彼女に従って足を進めた。
 二人は抜き足差し足で、地下へ続く階段を下りていく。
「なあ、やっぱやめねぇか?」
「しっ! 静かに!」
 多分ダメだろうと思いつつ提案してみたが、やはり彼女はまったく聞く耳を持たない。ジークはもう諦めた。訓練の様子を聞いて、真面目にやっているとわかれば、それでアンジェリカも納得してくれるに違いない。
 階段を下りきったところに扉がある。だが、その前に立っても中の音は聞こえない。魔導の訓練場はたいてい防音になっているのだ。場所自体が狭いため、二人は身を寄せたまま、冷たい扉にそれぞれ片耳を押しつける。何だかんだいっても、ジークも完全に信じているわけではなく、真実を確かめたい気持ちは少なからずあった。

「始めましょうか」
 レイチェルの声だ。どうやらこれから訓練を始めるところらしい。アンジェリカは少しも聞き漏らすまいと、小さな口をきゅっと結び、ますます真剣な顔になって耳に神経を集中させる。
「やはり椅子だとやりづらい。今日からは床でやることにする」
 もうひとつの声は当然ラウルである。だが、話の内容がいまいち掴めず、ジークは僅かに眉を寄せた。
「えっ……でも冷たいわ」
「すぐにあたたかくなる」
 戸惑いを含んだレイチェルの声と、感情の窺えないラウルの声。
 どういう訓練をしようとしているのか、これだけではまだわからない。ジークには椅子を使った訓練など覚えがなかった。椅子ではやりづらいということなので、椅子を使うのは特殊な方法なのかもしれないが――。
「あっ、何も服を脱がなくても……」
 そのレイチェルの声に、ジークは全身の毛が逆立つのを感じた。胸元で耳を寄せるアンジェリカは、小さく息を呑み、大きく目を見開いて固まっている。杞憂だと思っていた彼女の懸念が、まさか現実になっているというのか?
「上に乗れ」
「……ええ」
 上に乗るって、何の上に乗るんだよ?!
 ジークの全身から汗が噴き出てきた。額にも、背中にも、握った手のひらにも、じわじわと気持ち悪い汗が滲んでくる。アンジェリカも全身をこわばらせているようだった。だが、ジークには掛ける言葉など見つからないし、そんな余裕すらなかった。
「いくぞ、力を抜け」
「だめぇええぇっ!!!」
 悲鳴のような絶叫を上げながら、アンジェリカは扉を乱暴に開いて、訓練場の中に飛び込んだ。扉に寄りかかっていたジークは、いきなりのことでバランスを崩して中に倒れ込む。
「二人ともやめて! どうしてこんな……え? あれ??」
 アンジェリカは困惑の声を漏らす。それにつられ、ジークもおそるおそる顔を上げる。
 そこにあった光景は、脳内で再生された映像とは似ても似つかないものだった。
 ラウルは上衣を脱いでいたものの、シャツとズボンは身につけている。レイチェルもまた服を着たまま、ラウルの上衣がひかれた床の上で正座をし、祈るように両手を組み合わせていた。その額にはラウルの右手が当てられている。
「……おまえら、何をしている」
「何って……えっと……」
 ラウルが怒りをたぎらせた目を向けると、アンジェリカは顔を火照らせたまま、迫力に気おされたように一歩後ずさった。彼女にしてはめずらしく、しどろもどろになっている。
「魔導力を引き出す訓練をしていたのよ」
 レイチェルは正座したままそう言い、小さく笑って肩をすくめた。その笑顔は、申し訳なさそうにも、困惑しているようにも、どこか寂しそうにも見える。ジークは耳元を赤らめたまま立ち上がり、レイチェルでなく、ラウルに向かって勢いよく噛みつく。
「紛らわしいんだよ!!」
「勝手に聞き耳を立て、勝手に誤解をしておきながら、随分な言い草だな」
 ラウルは迫力のある低い声でそう言い、ゆっくり腕を組むと、ジークたちを凍りつくような眼差しで睨み下ろした。二人は顔をこわばらせて身をすくませる。
「ごめんなさい、私、ちょっと心配だったの……」
 アンジェリカはしおらしく言って、しゅんとうなだれた。ちょっとどころじゃなかったけど、とジークは思ったが、あえてこの場を掻き回すようなことは口にしない。
 ラウルはじっと二人を見下ろしていたが、やがて小さく溜息を落とした。
「私は一家庭教師としてここへ来ている。それ以上でも以下でもない。レイチェルがそう望むからだ。アンジェリカ、おまえが心配するようなことは一切ないし、今後もないと誓う。おまえが不快に思うなら、訓練後のお茶はやめてもいい」
 ジークがちらりとレイチェルを窺うと、彼女は微笑を湛えたまま頷いて見せた。何の迷いもなく頷けるのは、ラウルの言ったことが事実であり、そして何よりアンジェリカを大切に思っているからだろう。ラウルの言葉が嘘になることはない――彼女を見ていると、そう信じていいような気がした。
 アンジェリカは胸元に手を当てて口を引き結び、そしてゆっくりと顔を上げた。
「ごめんなさい、私、ラウルのことを信じるわ。だからお茶は飲んでいって。お父さんがタダ働きさせているみたいだし、お母さんとのお茶がせめてもの報酬ってことで……でも、お茶までにしてね?」
 そう言って悪戯っぽく小首を傾げる。
 ラウルは面食らったように目を大きくし、それから深く溜息をついた。
「おまえ……サイファと言うことが同じだな。呆れるくらいよく似た親子だ」
 今後はアンジェリカがきょとんとした。が、すぐに満面の笑みを浮かべると、肩にかかる黒髪をさらりと揺らし、屈託なく力いっぱい頷いた。
「二人とも仕事をサボって来たんだろう。早く戻れ」
「おまえには関係ねぇだろ!」
 ラウルに命令されると、ジークは無条件に反発したくなる。だが、もう休憩時間は終わっており、本当に早く戻らないと大変なことになるかもしれない。慌ててアンジェリカの手を引き、訓練場をあとにしようとする。が、扉に手を掛けたところで、ふいにその手を止めた。
「俺は二人を信じることにする。けど、もしアンジェリカを傷つけるような真似をしたら、そのときは絶対に許さないから」
 たいした力を持たないジークが言ったところで、あまり意味はないかもしれないが、それでも釘を刺しておかないと気が済まなかった。呆気にとられたアンジェリカの手を握り直すと、返事も待たず、わざと乱暴に扉を開いて階段を駆け上っていく。その途中で、彼女はくすっと小さく笑い、そっと力をこめてジークの手を握り返した。
 地上からは、二人を導くかのように眩い光が射し込んでいた。