遠くの光に踵を上げて

おかえり

「やあ、レイチェル」
 濃青色の官服に身を包んだサイファは、にこにこしながら手を上げ、庭で遊んでいたあどけない少女と小さな男の子に近づいていった。
「サイファ! おかえりなさい!」
 レイチェルは彼を目にすると、ぱっと顔を輝かせながら駆け寄った。軽く飛び上がるようにして、彼の首に腕をまわし抱きついた。嬉しそうに屈託なく笑っている。彼の方も幸せそうに微笑みながら、彼女の頭を撫でていた。
「どうしたんだい、レオナルドなんかと遊んで」
 さわやかな笑顔のまま、微妙に刺を含んだ言葉を吐いた。その刺が向けられた小さな少年は、はちきれんばかりに頬を膨らませながら、上目遣いで彼を睨みつけている。
 レイチェルはそれに気がついているのかいないのか、特に気にする様子もなく返事をした。
「家庭教師の先生が突然やめてしまったの」
「そうか。いい先生だったのに残念だったね」
 サイファは心にもないことを口にした。実は、彼女の家庭教師を辞めさせたのは彼だった。あの先生のレイチェルを見る目つきはおかしい――彼女の父親にそう直訴をしたのだ。しかも、そういって辞めさせたのは三人目である。
「でも、先生がいなくても、自習はしておかなければいけないよ」
「はい」
 レイチェルは大きく澄んだ瞳をまっすぐ彼に向けると、鈴を鳴らしたような声で素直に返事をした。サイファは愛おしそうに彼女の頭を撫でた。そして、にっこりと笑いかけると、自分の頬をちょんちょんと指さして催促をした。彼女はにこっと可憐に微笑み返すと、彼の頬に軽く口づけた。
 ――!!
 サイファを睨み続けていたレオナルドは、その光景に激しくショックを受け、口を大きく開けたまま固まった。そんな彼に、サイファはさらに追い打ちをかけた。ニッと口角を上げ、勝ち誇った表情で小さな彼を見下ろす。
 ――こっ…この…あくまっっ!!
 レオナルドは心の中でそう叫びながらも、口には出せず、泣きながら走り去っていった。
「あら? どうしたのかしら、レオナルド」
 レイチェルはきょとんとして振り返り、小さくなる彼の後ろ姿を目で追った。
「家に帰ったんだろう。彼もいろいろ忙しいのさ」
 サイファは彼女の肩に手をまわした。
「君ももう家に入ろう。そろそろ冷えてくるよ」
「ええ」

 レオナルドは自分の家に帰ると、一直線に台所に駆け込んだ。冷蔵庫を開け、牛乳パックを取り出すと、その場に座り込んでそれをあおった。口の端から白濁液を垂らしながら、ごくごくと喉に流し込んでいく。半分ほどで一息つくと、牛乳パックを抱きかかえた。
 ――レイチェルおねえちゃんは、あのあくまにだまされているんだ……。ぼくがはやく大きくなって、おねえちゃんを助けなきゃ……。
 悔し涙を浮かべながら、ぶつぶつと独り言をつぶやいた。そして残りを一気飲みしようとしたところで、いきなり後頭部をはたかれた。
「レオナルド! パックごと飲むのはやめなさいって何度言ったらわかるの!!」
 背後で鬼のような形相の母親が角を出していた。レオナルドは泣きながら、自分の部屋に戻っていった。