日記

2017年12月18日 

沙耶

沙耶

昨晩もメールの調子が悪かった。メールサーバに接続できないとか言われて。何度再起動しても直らなかった。今朝になったら直ってたけど…メールサーバの調子が悪かっただけかなぁ。

羽生くん全日本欠場と聞いてほっとした。無理して悪化させたら目も当てられないしな。本人は無理したがるタイプだから心配してた。でもオリンピックまでに完治するかどうかもまだわからない。完治しても十分に練習ができるだけの時間があるかどうか。いろいろ心配は尽きない。

ボールルームへようこそ。最終話まで見ました。面白かったけど途中で終わっちゃったなという印象。花岡さんが一年だけ待ってると言っていたので、せめて花岡さんのところまでは行ってほしかった。第2期を作ってほしいけどだいぶ先になっちゃうかな。アニメが原作を追い越したとかどこかの記事で見たし。スポーツものはきっちりきれいに終わるのが難しいよね。特に主人公がその競技を始めるところから描くと、中途半端に終わるか、メジャーみたいに大河ドラマになるかしかない。ユーリオンアイスみたいに最初から主人公がある程度の実力者で、GPFで金メダルという明確な目標を掲げると、きれいに話をまとめられるんだけど。でもボールルームへようこそは2クールあったので、途中とはいえわりと満足はしています。ただ、ダンスの描き方が抽象的というか観念的というかそんな感じなので、具体的にどう踊ってるのかわからなくてもやっとすることも。多々良が額縁になるとか…深く考えずに感覚的に受け止めれば楽しめるんだけど。あと多々良がどんな練習をして踊れるようになっていったかが見えなくてもやっとしたり。真子ちゃんと踊ってるときはいつのまにこんな踊れるようになったんだ? と思ったけど、すごかったのは多々良というより真子ちゃんだったみたい(笑)。真子ちゃん好きだったのでずっと真子ちゃんがパートナーだったらよかったのにと思ったけど、千夏がパートナーになってより成長できたのかな。いびつに成長しているらしいけどそれが面白いというか。千夏と明の関係にグッときた。最初、なんか恋のさや当てみたい…百合感ある…と思ってたけど、実際それに近い関係性だったんだなと。単純に恋愛感情ってわけじゃなくてさ。好きで執着しているけどこちらを見てくれなくてだからこそつらくて憎くてでも好きで。最後に千夏を取られたって泣くところで、そう声に出して言えるようになったってことは、もしかしたらちょっとは吹っ切れたのかもと思ったり。仙石さんって30代かなと思ってたのに23歳ときいてびびった…まじか…。最終話で記者さんがダンスは点数じゃないからフィギュアスケートと似てるとか言ってたけど、フィギュアスケートはめっちゃ点数だぞ。ちゃんと規定があって各要素に点数をつけて、ってやってる。ダンスは審査員がざっくりチェックを入れる入れないってだけ?? 要するに審査員に気に入られればいいってこと? このダンスはこうしなきゃいけないとか規定はないの? そこらへんのルールがよくわからないままです。

新連載準備中。第8話。目標の10%くらい。プロットを練り直しつつ書いているので、悩みまくって書いたり消したり全然進まない状態…。

朝…トースト・レタス。昼…ミックスナッツ・ヨーグルト。おやつ…クッキー。夜…ごはん・白菜と豚バラの重ね蒸し。