日記

2017年1月18日 

ラウル

ラウル。

しんどい。夕方までずっと寝てばかり…ちょっと頭痛もしてる…。

いつも無洗米を買ってるんだけど、このまえうっかり無洗米じゃないお米を買ってしまった。お米を研ぐの面倒くさい。この米がなくなるまで毎日研がなきゃ…うう…。

相棒 season15 第12話「臭い飯」

食品偽装疑惑を告発しようとした人が白骨遺体で発見された話。

冠城はなかなか贅沢ですな。法務省時代はともかく、いまは巡査だしお給料かなり安いんじゃ…あんな良さげなお店に頻繁に行けるほどもらってないかと。まあ生活レベルはなかなか落とせないっていうし…あ、もしかしたらボンボンだったりするのかなぁ。

出所した元受刑者。まんまと右京さんたちを騙してたかっちゃいました。警察の人間だとわかってて騙すとはすごい度胸だ。右京さんたちはお金を持っていないことを察してはいたでしょうね。冠城が三万円払ったと言ってたけど、右京さんと割り勘かな? 合計六万円くらい?

前科者が生きにくいというのはあると思うけど、そもそも前科者にならなければいいわけで。事故や過失や冤罪で前科者になってしまった人には同情するけど、窃盗や横領じゃ同情できないよ。自業自得。

そして娑婆が嫌になったからって無銭飲食で刑務所に入れてもらおうだなんて、ほんと自分のことしか考えてないよね。お店は大変な迷惑をこうむっているわけで。そのことに申し訳ないとか全然思ってなさそうだし。

家族にもつらい思いをさせてるって自覚はあるのかな。家族がどんな思いをして生きているかわかっているのかな。家族にも煙たがられるとふてくされているだけに見える。自分のしたことを振り返ってみようぜ。

どこで自由に生きようと勝手といえば勝手だけど、刑務所には税金が使われているからね。旅館がわりに使われたらたまらない。

この人みたいに再犯を繰り返す人がいるから、ますます前科者が信用されなくなるんだよ。真面目に更生しようとしている人にとってはいい迷惑。たとえば白骨になった蜂矢さんとか。

その蜂矢さんは自殺だったのか…。それを他殺に見せかけて食品偽装を告発しようだなんて、なかなか頭はまわるらしい。詰めは甘いけど。でもよく誰にも見つからずにあそこまで運べたな。どうやったんだろう。

小説。カンパネラ番外編・第24話。今日の夕方からちょびっと取りかかりました。まだ全然…。目標の18%くらい。あしたはもうちょっとできればいいなと思うけど、やっぱりしんどくて寝てばっかりなんだろうな…。

朝…トースト・レタス。昼…ミックスナッツ・ヨーグルト。おやつ…クッキー・キットカット。夜…ごはん・肉じゃが。