SKY BLUE


CG講座 by Yuiko Mizuhara (C)CELEST May.6.2001

使用環境
本体…初代iMac(Mac OS 8.6、メモリ192MB)/ スキャナ…UMAX Astra 1220U / タブレット…WACOM FAVO / ソフト…Photoshop 5.5


1. まずは下描き
この時点での紙はなんでもOK。私は昔作った自作便箋を使ってます(^^;。シャープペンシルで気に入るまで何度も描き直し。ココまで早いときは早いですが、スランプに陥ったりすると1週間2週間かかったりします。この段階では線とかかなり汚いのであんまりお見せしたくない状況です(苦笑)。
背景はこの段階では描いていませんが、ラフで描くこともあり。描かなくてもだいたいどんなカンジの背景にするか頭の中で描いておくと良いでしょう。そうでないとあとで苦労します。というか、背景ナシになってしまう可能性が高くなってしまいます(笑)。
2. 清書
トレスボックスを使って、漫画の原稿用紙(A4)に写します。背景が描いてあっても写すのは人物のみ。トレスボックスがなければ、1の作業をとばして、直接漫画の原稿用紙に描いてもOK。わたしも今まではそうすることが多かったです。ただ、何度も描き直しをして紙をダメにすることが多かったので。紙がもったいないという理由だけです(笑)。

3. ペン入れをします
Gペンと証券用インクを使います。多少なら失敗してもはみ出してもあんまり気にする必要なし。スキャンしてから直せますので。うーん、こんなことに馴れてしまってはアナログな仕事ができなくなりそうだわ(苦笑)。

えーと、なにも漫画の原稿用紙でなくても、Gペンでなくてもいいんですけどね。私がやりやすいと思ってるのでそうしているだけです。普通の上質紙にミリペンとかでも全然いいと思いますよ。

4. スキャン
グレースケール、400dpiで取り込みます。グレースケールで取り込んだ方が早いし、線がキレイなんですね。 取り込んだら明るさ+20して、レベル補正(手動)をします。これは線をハッキリクッキリさせるため。レベル補正はプレビューで見ながら調整します。ここで線を太めにしたり、ちょっと薄めにしたりできます。
そのあと消しゴムでスキャン時のゴミ(黒い点)やペン入れのときに失敗した線を消していきます。

ファイル>読み込み>UMAX VistaScan 3.1
イメージ>色調補正>明るさ・コントラスト … 明るさ+20
イメージ>色調補正>レベル補正(Command+L)
消しゴムツール

5. 色を置いていきます
モードをグレースケールからRGBカラーに変更します。
そしてざっくり色を置いていきます。色・部品ごとにレイヤーを分けて乗算で重ねてます。とりあえず色味を見るためなのではみ出しとかは気にする必要なし。
現時点でのレイヤー構造は右記の通り。一番下の背景以外はすべて乗算で重ねてます。

イメージ>モード>RGBカラー
レイヤー>新規レイヤー>レイヤー(レイヤーウィンドウ/新規レイヤーボタン)
レイヤーウィンドウ/乗算
ブラシツール

6. 本塗り
5で色が決まったら、まずは肌色から塗っていきます。どれからでもいいんですが、まず顔を仕上げないとなんとなくヤル気がでないんで(笑)。たいてい肌→目→服→背景の順ですね。
肌レイヤーと背景のみ表示させて、あとは非表示にします。これは塗りやすくするため。塗るのは背景ではなくて肌レイヤーね。ここでタブレット登場です。筆圧感知入力は、エアブラシ−「強さ」・ブラシ−「不透明度」にチェックを入れます。あとはブラシツール、エアブラシツールを使ってひたすら影・ハイライトを入れていくのみ。この時点でははみだしを気にする必要はありません。

エアブラシツールオプション/筆圧感知入力 … 強さ
ブラシオプションツール/筆圧感知入力 … 不透明度
エアブラシツール
ブラシツール

7. はみだしを消します
色が塗れたら、今度ははみだし部分を消しゴムツールで消していきます。まずは消しゴムツールオプションで「ブラシ」を選び、筆圧感知入力のチェックを外します。もしくはマウスで。これで大幅にはみだした部分をざっくり消していきます。境界線あたりは、消しゴムツールオプションで「エアブラシ」を選び丁寧に消していきます。まあ別にエアブラシでなくても、ブラシで消してもいいです。私もブラシのみで消しちゃうこともありますし。

消しゴムツールオプション/ブラシ・筆圧感知入力 … チェックなし
消しゴムツール
消しゴムツールオプション/エアブラシ
消しゴムツール


[ PAGE 1 ] - [ PAGE 2 ] - [ 出来上がり ]



| SKYBLUE TOP | CG | 小説 | 漫画 | 日記 | 特集 | 自己紹介 | リンク | 掲示板 | メール | ハリー |
Yuiko Mizuhara (C)CELEST All rights reserved.