SKY BLUE

鋼の錬金術師

月刊少年ガンガン・荒川弘



■ 鋼の錬金術師 感想など(2008年3月)/感想トップへ戻る


2008年3月21日/鋼の錬金術師 19巻

鋼の錬金術師 19巻。読みました! 少しずつ謎が明らかになってきてますね。展開が読めないので面白いなぁ。

オリヴィエ・ミラ・アームストロング少将はやっぱり格好良いです。ああ、大好きだ。ブラッドレイを目の前にしても、まったく引くことなく押しまくるんだ。見てるこっちがヒヤヒヤしたよ。一歩間違えれば始末されてしまうもんな。でも、ああいう人材こそが求められているということは理解していたのかな。とりあえず無事に(?)虎穴に入れたので、今後もアームストロング少将が何か活躍してくれるものと期待しています。

マスタングとの会話も大好きですよ。破産するまで、ね(笑)。胆とサイフの小さな男ってのも良いです。

マスタングとホークアイの会話も良かった。最初のホークアイの軽いジャブがけっこう好きだ(笑)。そして、暗号で伝えるところがね、すごいですね! カップを打ち付けていたのは、開始と終了の合図かな? ルールは昔から決められていたんだろうけど、それでとっさに暗号の会話を作ってしまうなんてなぁ。さすがホークアイだ。やりますね。

ホーエンハイムの過去が明らかに。クセルクセスとそういうふうに関わっていたのか。そして、“お父様”との関係も判明。しかし、フラスコの中の小人がどうやって作られたのかは、結局わからないんですね。本当に偶然ってことでいいのかなぁ。ホーエンハイムの血をもらっていることは確かだけど。とりあえず、彼が望んで不老不死の体を手に入れたわけではないことがわかって、何か少しほっとしました。しかし、彼自身が賢者の石って、またやっかいなことになってきましたね。大変なことが起こりそうな予感。

イズミの方にも軍の手が伸びてきています。旅行中で良かったけど。その旅行先で偶然(?)ホーエンハイムと会っちゃっいましたね。本当に偶然なのかと思ってしまうけど…。イズミは内臓を治療してもらって、とりあえずは大丈夫になったってことでいいのかな。

エドが死んじゃう?! いや、主人公だし死なないよね! と自分を落ち着けてました。なにやら無茶な錬金術の使い方をしているようで…。それでも、ここで死んでしまったら何もならないし、生き延びる手段があるのなら、寿命が縮むとか言っている場合ではないよな。キンブリーの捨て駒おふたりさんが何気に良い人たちで助かりました。本当に良い人すぎ!(笑)。エドの命のことをちゃんと考えてくれてるんだもんなぁ。で、拾ったアレは賢者の石? それでエドを治したのかな?

今回のエド瀕死事件で、やっぱりアルの魂とつながっているんだなということがわかりましたね。けっこう危険です…。大事なところでいきなり引っ張られちゃ、本当に命にかかわりますよ。

逆転の錬成陣の解説はこれからですかね。今はまだアルが錬丹術を理解できてない状態だし(笑)。

マスタング組はみんな大変そう。ファルマンがいちばん楽なんじゃ…。フュリーなんて前線じゃないですかアレ? 思いっきり向いてないところに放り込まれてます。うおお、生き残ってくれ!!

ロゼが元気にしていて良かったよ〜。ちゃんと前向きに自分の出来ることをやっていますね。

ホーエンハイムは行き倒れか(笑)。あちこち放浪しているようですが、錬成陣を見てまわっているってことなんですかね? 宣戦布告はいいけれど、何か策は練っているんでしょうかね。プライドとのところで、気になったのは容れ物ってあたり。容れ物から出ると死んでしまうってのはわかったけど、容れ物の中と外と何が違うのか、容れ物って何なのか、どうやって作ったのかなど、何かと謎だらけ。それは今後、明らかになるのかな?

ドラクマとの開戦。やっかいなことになりましたな。キンブリーのことだから、ちゃんと計画を立てているんだろうな。何を企んでいるのかは不明ですが、うーん、本当にやっかいです。

アルたちの方には密告者なんかもいたりして…。マルコーやウィンリィ(非戦闘員)がいるだけに怖いよ。あ、ヨキもね(笑)。何かと長生きするなぁ。そして、さりげなく役に立ってたりするところが恐ろしい。

カバー裏。アナログでいいです、アナログで!! デジタルハイビジョンを買うのはやめることにしました(笑)。


2007年12月 ||| 感想トップ ||| 2008年8月









| SKYBLUE TOP | CG | 小説 | 漫画 | 日記 | 特集 | 自己紹介 | リンク | 掲示板 | メール | ハリー |
Yuiko Mizuhara (C)CELEST All rights reserved.