ハリー・ポッターと死の秘宝

分霊箱を求めて、三人の旅が始まる。
ダンブルドアが遺したものは、謎ばかり。
お伽噺の裏にある秘宝の謎はなにか?

キャラクター紹介

ハリー・ポッター
ハリー・ポッター [Harry Potter]
ヴォルデモートの「死の呪い」を受けて生き残った唯一の魔法使い。緑の目に黒い髪、額に稲妻形の傷を持っている。
ロン・ウィーズリー
ロン・ウィーズリー [Ron Weasley]
赤毛でのっぽ。7人兄弟の6番目。ハリーの同級生で親友。けっこう人間的というか、妬みや僻みが多い。
ハーマイオニー・グレンジャー
ハーマイオニー・グレンジャー [Hermione Granger]
ハリーの同級生で親友。マグル(魔法を使えない人間)の子だが、魔法学校では優等生。
ネビル・ロングボトム
ネビル・ロングボトム [Neville Longbottom]
ハリーの同級生。ドジで間抜けでぶきっちょ…だったのですが…。おばあさん(オーガスタ)に育てられた。
ジニー・ウィーズリー
ジニー・ウィーズリー[Ginny Weasley]
ロンの妹。やはり赤毛。ハリーに想いを寄せている。
ディーン・トーマス
ディーン・トーマス
ジニーの元カレ。

ルーナ・ラブグッド [Luna Lovegood]
父親は「ザ・クィブラー」の編集長。不思議な雰囲気の子。まばたきが少なく、目は飛び出している。
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ [Draco Malfoy]
魔法界の名家出身。スリザリン生。純血主義で、マグルの子であるハーマイオニーを穢れた血と呼ぶ。
チョウ・チャン
チョウ・チャン [Cho Chang]
ハリーの元カノ。
シリウス・ブラック
シリウス・ブラック [Sirius Black]
ハリーの名付け親。名門ブラック家の最後のひとりである。ハリーの父親・ジェームズとは親友だった。

アルバス・ダンブルドア [Albus Dumbledore]
ホグワーツ魔法学校校長。銀色の長い髪に半月メガネ。偉大な人物。残念ながら6巻でお亡くなりになりました。

ルビウス・ハグリッド [Rubeus Hagrid]
森の番人。髭もじゃの大男。
ミネルバ・マクゴナガル
ミネルバ・マクゴナガル [Minerva McGonagall]
ホグワーツの変身術の教授。猫に変身できる。
セブルス・スネイプ
セブルス・スネイプ [Severus Snape]
元ホグワーツ教授。鉤鼻で顔は土気色。ダンブルドアを殺し、ヴォルデモートに仕えるが…。

リリー・エバンズ
ハリーの母親。緑の目をもつマグル生まれの魔女。

リーマス・ルーピン [Remus Lupin]
ホグワーツの元先生。実は狼人間。ハリーの父親・ジェームズとは親友だった。

ニンファドーラ・トンクス [Nymphadora Tonks]
「七変化」の若い魔女。ニンファドーラ(かわいい水の精に由来)という名前が気に食わないらしく、みんなにトンクスと呼ばせる。
フラー・デラクール
フラー・デラクール [Fleur Delacour]
シルバーブロンドで男性を惹き付ける力を持つ。

ヴォルデモート卿(トム・リドル)
闇の帝王。力と恐怖で魔法界を支配しようとする。

ゲラート・グリンデンバルド
伝説的な闇の魔法使い。ダームストラング校を放校処分される。ダンブルドアと決闘して敗北した。

アバーフォース・ダンブルドア
アルバス・ダンブルドアの弟。

レギュラス・A・ブラック
シリウスの弟。シリウスとは違い、由緒正しいブラック家を守ろうとする。

エルファイアス・ドージ
ダンブルドアの学友。ダンブルドアの追悼文を寄せる。

ミュリエル
ロンの親戚。噂好きの107歳。

グレゴロビッチ
ブルガリアの杖作り。

ドビー
ハリーの味方の屋敷しもべ妖精。

クリーチャー
ブラック家の屋敷しもべ妖精。



アンケート

終了しました。



感想

(2008/07/24)
ハリー・ポッターと死の秘宝。読み終わりました。何を言ってもネタバレになりそうなので、とりあえず、読んで良かったと思った、とだけ言っておきます。最後まで付き合って良かったです。

以下、ネタバレありです。

しょっぱなからハードな展開で、息つく間もなく馴染みのキャラが死んでいったり、ひどい怪我を負ったり、本当に容赦ねぇなっ! と思いましたよ。最初だけでなく、本編とおしてずっと、どんどんと死んでいくので、本気でどうなることかと心配になってました。ドビーのところはちょっと泣けた…。

ダンブルドアについては、今までもずっと引っかかるものを感じていて、ただ優しいだけの人ではない、とは思っていたので、今回の展開でも特に衝撃は受けなかったです。若いときの過ちがあったからこそ、人格者としてのダンブルドアがあるというのも十分に理解できますし。まあ、ほぼ予想どおりではありました。実はもっと悪い展開(ダンブルドアがヴォルデモートと通じていたとか、ヴォルデモート以上に恐ろしいことを企んでいたとか)も想像していたりしましたけど…さすがにそれは違ってくれ! と激しく思ってましたので、そうならなくてほっとしました。

アリアナの事件はもうなんといったら良いのやら…。言葉もない…。この事件さえなければ…と思ってしまうけれど、そうしたら、あのダンブルドア校長もなかったのかなぁ、とも思うわけで。

いちばん好きなのは第33章「プリンスの物語」。なんか、こんな頭の悪い感想を書くのは憚られるのですが…萌えました(言っちゃった)。そういうことなんじゃないかと、だいたいのところは予想はしていたわけですが、やっぱりそうだったんだ! ということが書かれていて、もうね、セブルスー!! って感じでした。本当に頭の悪い感想ですみません(汗)。リリーとセブルスはホグワーツ前からの友達だったんだなぁ。ここも萌えポイント(爆)。本当に萌えまくりだったんですよ、いろいろと。ハリーに対する複雑な思いとかもね。久々に二次創作をやりたい衝動に駆られました。いや、やりませんけど。ただ、妄想は爆走中(笑)。

ハリー自身が分霊箱というのも予想どおりでした。まあそれはほぼ確信していたので、それでハリーが死ぬのかどうか、というのがずっと気がかりでした。途中で死ぬしかなさそうな展開になってきて、やっぱり仕方ないのか…と思っていたんですけどね。ハリー自身が受け入れていたので、読んでいる私の方もなんか受け入れてしまったようです。

ああ、でも良かった。死んで英雄になるより、生きて幸せに暮らしてほしかったですもの。19年後が書かれていて、幸せに暮らしていて、みんなの子供がいて、賑やかで楽しそうで、本当に良かったよ。名前、いろんな人たちからもらってますね。なんかこういうのって嬉しいなぁ。読んでいてちょっと混乱してしまうけど(笑)。この「19年後」があったから明るい気分で読み終えられたんだと思います。

以下、感想付け足し。

ネビルにはビックリしました。だいぶ勇敢になってきていましたが、今回はマジで「あんた誰?」といいたくなるほど凄かった(笑)。いやー、もしかすると、シリーズ通して、ネビルがいちばん成長したんじゃないかと思ってしまった。19年後にはホグワーツの教授ですもんね!

そしてモリーの強さも反則(笑)。ベラトリックスやっつけちゃったよ!! 母は強しといっても強すぎるだろう!! こんなに強いんだったら、モリーに家事なんかやらせず戦わせていれば良かったんじゃ…(笑)。

ドラコの妻って誰だったんだろう? 今まで出てきてない人なのかなぁ? ビクトワールはビルとフラーの子供かな?

名付け親って、名前を付けなくても名付け親なんですか? ハリーに名付け親になってくれといってましたが、名前はハリーが付けたわけではないですよねぇ…? そういうものなの?

しかし、コレ、映画化して大丈夫なんですかね。文章で読んでいるだけならまだしも、映像化しちゃったらかなり居たたまれないことになりそうな。傷だらけなんだぜ? 耳がないんだぜ? 腕とかえぐれてるんだぜ? アリアナの事件もけっこう残酷だし。もはや子供向けではないよなぁ。個人的にはどうしてくれるのか興味津々ではあるわけですけども。