ピンクローズ - Pink Rose -

12. 妥協点

 その日も医務室はとても静かだった。
 昼下がりの穏やかな光が、レースのカーテン越しに柔らかく室内を照らしていた。細く開いた窓から入り込んだ風が、そのカーテンを微かに揺らめかせている。

 ラウルは机に向かって黙々と本を読んでいた。来るかどうかもわからない患者を待っているのである。ひとりも来ない日の方が多い。それでも、ここで待機するのが王宮医師としての仕事なのだ。

「ラウル、こんにちは」
 ノックもなしに扉が開き、レイチェルが澄んだ声で挨拶をしながら入ってきた。軽い足どりでラウルに駆け寄り、後ろで手を組んでにっこりと笑顔を見せる。
 ラウルは彼女を冷たく一瞥して言う。
「何をしに来た。今日は家庭教師は休みだろう」
「だから遊びに来たの」
「帰れ。家でプリンでも作っていろ」
 彼女にはきのう、約束どおりプリンの作り方を教えてやった。呆れるくらい詳細なレシピも渡した。あしたから頑張ると張り切っていたはずなのに、どういうつもりで遊びに来たのかわからない。単なる小休止だろうか。それとも諦めたのだろうか。もうプリン作りに成功した――とは、とても考えられない。
 レイチェルは顔の横で右手を広げて見せた。真ん中の三本の指の先には、それぞれ絆創膏が巻いてあった。
「……火傷か」
「ええ、午前中に作りかけていたんだけど、そのときに手を滑らせてしまったの。それで、この火傷が治るまでプリン作りはお休みしなさい、ってお母さまに言われて」
 ラウルは溜息をついた。早々に懸念が現実になってしまった。だが、これくらいの火傷でまだ良かったといえるだろう。診てみないと正確なことはわからないが、そう酷くはなさそうである。
「座れ」
 患者用の丸椅子を顎で示して言う。本を閉じて立ち上がると、薬、包帯、ガーゼなどを棚から取り出し、手際よく準備を進めていった。
「本当にお医者さんなのね」
 レイチェルは感心したように言った。数日前にも同じことを言っていたが、あのときは単に医務室を見ただけである。実際に医者として行動するラウルを見て、初めてその実感を持ったに違いない。
「ようやく信じたのか」
「疑っていたわけじゃないの。ただ、少し不思議な感じがしただけ。私にとってラウルは家庭教師の先生だから、お医者さんっていう印象があまりなくて」
 レイチェルはにっこりと微笑んだ。
 ラウルは無言で椅子に座り、彼女と向かい合った。ほっそりとした白い手を取り、すべての絆創膏を丁寧に外していく。火傷は思ったとおり軽度のものだった。跡が残ることもないだろう。消毒をして薬を塗り、ガーゼを当てて包帯を巻いた。三箇所もあるため、少し仰々しく見える。
「ずいぶん大袈裟ね。指が動かしにくいわ」
「我慢しろ」
 不満げなレイチェルを、ラウルは冷たく一蹴した。
「どのくらいで治るの?」
 レイチェルは広げた右手を表にしたり裏にしたりしながら尋ねる。
「数日、長くても一週間だ」
「治ったらまた頑張るわね、プリン作り」
「……今度こそ気をつけろ」
 ラウルは静かに注意を促した。しかし本音は違う。もう止めろと言いたかった。だが、そう言ったところで、彼女が素直に聞くとは思えない。それに、せっかく彼女が意欲を見せているのだ。なるべくその気持ちを尊重してやりたいという思いもあった。
「ありがとう。いつかきっと、ラウルに食べてもらえるものを作るわね」
 レイチェルは眩しいくらいの笑顔を見せた。
 ラウルは眉根を寄せて目を細めた。
「治療は終わった。もう帰れ」
「これから外へ遊びに行かない?」
 レイチェルは顔を斜めにして誘いかけた。
「帰れ」
 ラウルは冷たくそう言うと、彼女に背を向けて後片付けを始めた。
 それでもレイチェルは引かなかった。
「行きたいところがあるの」
「ひとりで行け」
「ラウルと一緒に行きたいの」
「仕事中だ」
「一時間だけ休憩して行きましょう、ね?」
「……一時間だけだぞ」
 ラウルは観念したかのように溜息をついて言った。結局、いつも彼女の思いどおりになってしまう。それを許しているのは、彼女に対する自分の甘さに他ならない。そのことはわかっていた。そして、その理由もはっきりと自覚していた。

 暖かな陽光が降りそそぐ中、ラウルとレイチェルは人気のない小径へと足を進めた。王宮からのざわめきが次第に小さくなっていくのを感じる。
「どこへ行く」
「きれいなところ」
 レイチェルははぐらかすように答え、顔を上げてくすりと笑った。妙に嬉しそうに見える。どうやら今はまだ秘密にしておきたいらしい。着いてからのお楽しみということなのだろう。ラウルはそれ以上の追及はしなかった。
 しばらく歩くと、蔦の絡みついた煉瓦造りのアーチが現れた。
 ――そうか、ここは……。
 特徴的なその建造物を目にして気がついた。いや、思い出したというべきだろうか。自分は以前にもここへ来たことがあったのだ。記憶が正しければ、この先は――。
「ね、きれいでしょう?」
 アーチをくぐって駆け出したレイチェルは、大きく両手を広げ、まばゆい笑顔で振り返った。
 金の髪が軽やかに舞い上がり、後方からの光を受けて透き通るように煌めく。
 その背後には、色鮮やかなバラ園が一面に広がっていた。
「今がいちばん花のきれいな時季って聞いたから、ラウルと一緒にここへ来たかったの」
 そう言うと、後ろで手を組み、にっこりとして首を傾ける。
「ラウルは初めて?」
「サイファに連れてこられたことがある」
 ラウルは彼女の方へ歩きながら答えた。それはもう10年以上前のことである。このバラ園は、あのときとほとんど変わっていない。少し広くなったくらいである。今でも手入れは隅々まで行き届いているようだ。様々な種類のバラが見事に咲き誇っている。ほんのりと甘い匂いが鼻を掠めた。
「もうずっと昔のことだ」
「そうだったの」
 レイチェルは相槌を打って微笑むと、バラ園の中の細道に足を向けた。
 ラウルも彼女について歩いた。彼女の足どりが次第に軽くなっていくのがわかった。薄水色の大きなリボンが弾んでいる。顔を見ずとも、浮かれているのが伝わってきた。
 ふと、彼女の隣に咲いていた淡い色の花が目に止まった。それはピンクローズである。サイファが好きだと言っていた花だ。レイチェルに似ているというのがその理由だった。
 そう、確かに似ているのだ。華やかさも、可憐さも、その棘さえも――。
「気をつけろ。それ以上、怪我を増やすな」
「そうなったら、またラウルに治療してもらうわ」
 レイチェルは愛くるしい笑顔でラウルの忠告を受け流し、一輪のピンクローズに手を伸ばした。そっと顔を近づけて目を閉じる。薄く色づいた小さな唇が、同じ色の花びらを掠めた。
「ラウルはこの花、好き?」
「……ああ」
 ラウルは少しの躊躇いのあと、静かな声でそう返事をした。
 以前は好きでも嫌いでもなかった。そもそも花に興味などなかった。だが、その花だけは、いつのまにか自分の中で特別な存在になっていた。間違いなくサイファとレイチェルの影響である。
「サイファもこれが好きなのよ」
「知っている」
 ラウルは無愛想に答えて腕を組んだ。今はそんな話など聞きたくなかったが、レイチェルに他意はないのだろう。思ったことを無邪気に口にしたにすぎない。ただそれだけだ。
「ねえ、ラウル」
 レイチェルは体を起こして振り返った。後ろで手を組み、大きな瞳でラウルをじっと覗き込む。
「来て良かった?」
「……ああ」
 ラウルは無表情のまま答えると、嬉しそうに微笑んだ彼女を見下ろした。これが肯定の理由である。彼女が喜んでいるのであれば、自分の気持ちはどうであれ、ここへ来た価値があるといえるだろう。いや、彼女が笑顔を見せてくれるのであれば、自分自身も来て良かったと思える。
 レイチェルは微笑んだままで言う。
「キスしてくれる?」
 ラウルはわけがわからず眉根を寄せる。
「何だ、唐突に」
「好き合っている二人は、そうやって気持ちを確かめ合うんですって」
 いったいそれはどこから得た知識なのだろうか。怪訝に思ったが、敢えて尋ねなかった。聞いたところで、応じるわけにはいかないのである。彼女はサイファの婚約者なのだ。
「そういうことはサイファに言え」
「サイファには結婚してからって言われたの」
 レイチェルは軽く答えた。
 ラウルは表情を険しくして口を結んだ。彼女が何を考えているのか理解できなかった。おそらく深くは考えていないのだろう。彼女を常識で測ろうとすることが間違いだ。これまで閉鎖的に育てられてきたせいか、普通ならば持ち合わせているべき感覚の欠落が見受けられることも多い。
「私はサイファの代わりというわけか」
「そうじゃないわ。私、ラウルのことが好きだし、ラウルだって私のことが好きでしょう?」
 レイチェルは当然のように言った。
「おまえが私を好きだというのは幻想だ」
「そんなことないわ」
「ならば、どこが好きなのか、なぜ好きなのか言ってみろ」
 ラウルは平静を装いながらも感情的に問い詰める。
「人を好きになるのに理由なんてないでしょう?」
 レイチェルは不思議そうに首を傾げる。
「それは思考の放棄に対する言い訳にすぎない」
 ラウルは容赦なく切り捨てた。
「必ずしも理由を意識して好きになるわけではないが、好きになったことには理由が存在する。それを考えることすらせず、ただ相手に気持ちを押しつけるだけというのは、傲慢としか言いようがない。理由を問われれば答える、それが相手に対する誠意だろう。もし理由を考えても見つからないのであれば、その気持ちは単なる思い込みということだ」
 レイチェルはじっと黙って聞いていた。話が終わると、ラウルを見つめたまま静かに尋ねる。
「じゃあ、ラウルが私を好きな理由は?」
 ラウルはムッとして低い声で言う。
「勝手に決めつけるな。いつ私がおまえを好きだと言った」
「でも好きなんでしょう?」
 レイチェルはさらりと言う。そのことを少しも疑っていない様子だ。むしろ、なぜ認めないのかわからないとでも言いたげな顔をしている。
 その何もかも見透かしたような態度が腹立たしかった。
「そうであっても、私がそれを口にしていない以上、理由を教える筋合いはない」
「知られたくない理由なの?」
 ぽつりと投げかけられた疑問。
「……そういうわけではない」
 ラウルは僅かに視線を落として答えた。自分の気持ちについて口を閉ざしているのは、それが最善だと判断したからだ。逃げていると思われるのは仕方がない。だが、変に誤解されることだけは避けたかった。彼女の問いかけは、単なる思いつきだったのだろうか。それとも、本当にそう思っているのだろうか。だとすれば、自分はどう応じるべきなのだろうか――。
「ごめんなさい、私の方が理由を言わなければならないのよね」
 レイチェルは申し訳なさそうに肩をすくめて微笑んだ。ラウルに背を向けると、後ろで手を組み、空を見上げながらゆっくりと歩き出す。ちらりと見えた横顔は、真剣そのものだった。問われた答えを懸命に探している様子である。
 ラウルも彼女の後ろについて歩く。
「無理に言わなくてもいい」
「ううん、ちゃんと考えて答えるわ。信じてもらいたいから」
 レイチェルは振り返らずに言った。
 彼女の指に巻かれた白い包帯が見える。
 両側のピンクローズが小さく揺れた。
「ラウルは……」
 レイチェルはそう切り出して足を止めた。その場でくるりと振り返る。金色の髪と薄水色のドレスがふわりと舞った。
「ラウルは優しいから好き」
 甘く愛らしく微笑み、澄んだ声を響かせる。
「……私は優しくなどない」
 ラウルは表情を動かさず、気難しい声で反論する。
「私のことをいつも真剣に考えてくれているでしょう?」
「義務を果たしているだけだ」
「私のことを好きでいてくれるのも義務なの?」
 レイチェルは淡々と追及する。
 ラウルは溜息をついた。納得したという態度を見せない限り、いつまでも食い下がってきそうな気がした。今の彼女はそのくらいひたむきに見えたのだ。言い合って勝てる気がしない。
「……もういい、わかった」
 レイチェルの顔がパッと輝いた。胸の前で両手を合わせる。
「本当? じゃあ、キスしてくれる?」
「それとこれとは話が別だ」
 ラウルはきっぱりと冷静に突き放した。他に仕方がなかった。こればかりは彼女の言いなりになるわけにはいかない。その強い決意を瞳に宿す。
「そう……」
 レイチェルはラウルの意思を感じ取ったのだろう。もう我が侭を通そうとはしなかった。一瞬だけ悲しげに表情を曇らせたが、すぐにもとの明るい笑顔に戻った。気にしないとばかりに、悪戯っぽく肩をすくめて見せる。そして、再びラウルに背を向けると、まるで何事もなかったかのように、両側のバラを愛でながら歩き始めた。
 ラウルは目を細めて青い空を仰いだ。小さく溜息をつく。
「レイチェル、そろそろ帰るぞ」
「もう? 約束の時間はまだ残っているはずだけど……」
 レイチェルは瞬きをして振り返り、遠慮がちに不満を口にする。彼女の言うように、確かにまだ約束の時間は残っていた。一時間の半分ほどしか過ぎていない。だが、ラウルはここを離れたかったのだ。彼女のようには気持ちを切り替えられない。この場で散歩の続きをする気にはなれなかった。
「部屋でお茶を淹れてやる」
「本当? 嬉しい」
 レイチェルは無邪気に声を弾ませた。ラウルの隣に駆け寄ると、下から覗き込んで笑顔を見せる。今までと何ら変わることのない愛らしい笑顔だった。
 ラウルは無言で彼女の手を取り、柔らかく包み込むように握った。
「えっ?」
 レイチェルは大きく瞬きをしてラウルを見上げた。
「今日だけだ」
 ラウルは無表情で彼女を一瞥して言う。
「ありがとう」
 レイチェルはそう答えると、ふたりの手に視線を落とし、そっと穏やかに微笑んだ。それは、今までに見たことのない、幸せに満たされたような優しい表情だった。

 繋がれた大きな左手と小さな右手。
 これが彼女の気持ちに対する自分の行動の妥協点だった。
 彼女が望んだものとは違う形だが、求める本質は同じだろう。
 ラウルは手の中の温もりを感じながら、ゆっくりと歩き始めた。