遠くの光に踵を上げて

61. 潜在能力

 コン、コン――。
 魔導省の塔。その最上階の一室がゆっくりとノックされた。それに続き、若い男の声が、固く張り上げられた。
「カイル=ハワードです」
「入りたまえ」
 机に向かい書類を眺めていたサイファは、手を止めず静かに答えた。
 一拍ののち、おずおずと扉が開き、カイルと名乗った男が入ってきた。彼は、サイファと同じ濃青色の上下を身につけていた。緊張した面持ちで一礼すると、背筋をすっと伸ばした。そのまま息を止め、次の言葉を待つ。
「君は魔導、医学、工学のいずれにも通じているそうだな」
 サイファは顔を上げ、まっすぐカイルの瞳を見つめた。彼の顔はたちまち上気した。
「はい。すべてアカデミー終了程度です」
「君には今日一日、私と行動をともにしてもらう」
「えっ?」
 思いがけない指示に、カイルは目を見開いて聞き返した。サイファはきびきびと端的に説明を始めた。
「アカデミー魔導全科で、対戦型 VRMを使用し試験を行うことになっているのだが、その VRMの設定と試験の監視を我々が行う」
 カイルは頬を赤らめたまま、ぱっと表情を明るくした。
「はいっ! 光栄です! 頑張ります!」
 鳶色の瞳を輝かせ、力を込めて畳み掛けるように答えた。
 サイファは二枚の書類を差し出した。
「私が作った設定案だ。確認をして、問題があれば指摘してほしい」
 カイルは前に進み、両手で受け取ると、その紙に視線を落とした。赤みがかった茶髪がさらりと頬にかかる。先ほどとは別人のような真剣なまなざしで、ひとつひとつ丁寧に、しかし素早く目を通していった。
「リミット値が若干低めですが、アカデミー生が対象なら妥当な線でしょう。問題はありません」
 そう言って顔を上げ、サイファに書類を返した。
「よし、これで行くとしよう」
 彼は、受け取った書類をファイルにはさみ、小脇に抱えた。
「これから実機に設定をしに行く。ついて来い」
「はい」
 颯爽と歩くサイファの後ろを、カイルは小走りでついていった。

 サイファたちは、アカデミー校舎の隅にある、ヴァーチャルマシンルームへと足を進めた。そこには VRMの白いコクピットがずらりと並んでいた。人間どうしの対戦用ではなく、コンピュータが相手をするものだ。そのうちのいくつかは蓋が閉じていた。まだ始業前だが、生徒が自主訓練をしているらしい。
 ふたりはその間を突っ切り、奥の扉へとやってきた。普段は鍵がかかっていて、立ち入りが禁止されている場所だ。しかし今日は鍵が外れている。サイファは扉を開け、薄暗い部屋へと踏み入った。カイルもすぐあとに続いた。
「遅いぞ」
 狭い部屋の奥で、腕を組んだラウルが待ち構えていた。彼の両隣にはコクピット、頭上には大きな薄型ディスプレイが架かっている。サイファはにっこりと笑顔を見せた。
「そう時間はかからないよ。優秀なパートナーが一緒だからな」
 カイルは後ろで嬉しそうに頬を紅潮させた。前に一歩踏み出し、ラウルを見上げた。
「カイル=ハワードです。よろしくお願いします」
 礼儀正しく挨拶をすると、深々とお辞儀をした。しかし、ラウルは冷たく一瞥しただけで、背を向け歩き出した。
「いつもああだ。気にするな」
「はい……」
 サイファは落ち込むカイルの肩を軽くたたき、ラウルの後に続いた。カイルもしょんぼりしながら、その後についていった。
 三人は、奥にある小さめの扉をくぐり、さらに狭くて暗い部屋へと進んだ。数人がやっと入れるくらいの広さだ。窓はなく、上に小さな電球がひとつあるだけである。部屋の中央には、古めかしい傷だらけの木机が幅を取っていた。その上には旧式の厚ぼったいモニタが鎮座している。机もモニタもまだらに埃を被っているが、画面部分だけは丁寧に拭かれているようだ。向かいには、薄汚れた二人掛けのソファが、取ってつけたように置かれていた。
「急ごしらえだが、一応モニタールームだ。ここで我々が監視を行う」
 サイファはソファの背もたれに手を置いた。
「生徒たちに重圧を与えることのないよう、我々は姿を見せない。いいな」
「はい」
 カイルはうなずきながら返事をした。サイファは、ラウルに振り向き尋ねた。
「設定もここで出来るのか?」
「ああ、そうしておいた」
 ラウルは木机の下の棚からキーボードを取り出し、モニタの前に置いた。サイファは、手にしていたファイルをカイルに渡した。
「設定の方法はわかるか?」
「はい。何度かやったことがありますので」
「では、君に任せるよ」
「はいっ!」
 カイルは顔を輝かせて歯切れよく返事をした。ファイルを机の上に広げ、モニタの電源を入れると、立ったまま中腰でキーボードを打ち始めた。なめらかに動く彼の指とともに、キーボードが軽快な音を立てる。それに連動するように、モニタではウィンドウが次々と開いては消えていった。

「どこへ行く」
 無言で立ち去ろうとしていたラウルを、サイファがきつい口調で呼び止めた。
 ラウルは扉に手を掛けたままわずかに振り向くと、冷たく威圧するような視線を送った。
「そろそろ始業時間だ。戻るまでにセッティングしておけ」
「そういう命令口調は感心しないな」
 サイファは、腕を組んで壁に寄りかかった。そして、含みを持った挑発的な表情を浮かべた。ラウルはムッとして睨みつけた。
「話ならあとで聞く」
 いらついたように言い捨てると、長髪をなびかせながら部屋を出ていった。サイファは眉をひそめて彼の背を見送ると、腕を組んだまま深くうつむいた。小さくため息をつく。
「カイル、手が止まっているぞ」
「あ、すみません! もうすぐ終わります!」
 彼はあわててモニタに向き直り、再びキーボードを叩き始めた。

 設定作業が終わり、ふたりで確認をしていると、多くの足音とざわめきが聞こえてきた。隣に生徒が入ったらしい。
「準備は出来たか」
 ラウルはふたつの部屋をつなぐ扉から顔を覗かせた。サイファは無言で右手を上げ OKサインを作って見せた。ラウルはかすかにうなずいて扉を閉めた。
 サイファはソファに腰を落とした。
「君も座れ」
「えっ……あ、はい! 失礼します!」
 嬉しいような困ったような微妙な表情で、ぎこちなくサイファの隣に腰を下ろした。二人掛けのソファゆえ、否応なく距離は近くなる。いつ肩が触れ合ってもおかしくない状態だ。カイルは口から心臓が飛び出しそうだった。息をひそめ、ちらりと隣に目を向ける。すぐ手の届くところにサイファの横顔があった。モニタからの光が、端整な輪郭をよりくっきりと浮かび上がらせている。
「私の顔に何かついているか?」
「いえっ。何でもありません」
 視線に気づいたサイファが振り向いて尋ねると、彼は逃げるように前に向き直った。
「危険だと判断したら即座に止める。いいな」
 サイファは、まだ何も映っていない白い画面に目を向け、冷静に言った。
「はい。でもあの設定なら、危険な状態なんてなりえませんよね」
 カイルは何気なく思ったことを口にした。しかし、サイファはそれに同意しなかった。
「人も機械も、絶対などということはありえない。気を抜くな」
「すみません……」
 カイルは自らの甘さを素直に反省した。同時に、仕事に対する厳しい姿勢を目の当たりにし、サイファへの尊敬を新たにした。
「始まるぞ」
 サイファがそう注意を促すと、向かい合うふたりの生徒がモニタに映し出された。

 監視を始めてから一時間ほどが過ぎた。問題となるようなことは何も起こっていない。この時点でちょうど半数が試験を終えていた。
「さすがにこの設定だと、早く決着がつきますね」
「そうだな。もう少しリミット値を高くしても良かったのかもしれない」
 カイルの緊張はだいぶほぐれてきていた。サイファとの会話も、次第に自然なものになっていった。
「でも、少しうらやましいです。私がアカデミー生のときは、こんなものがあることすら知りませんでした」
「あとで私と戦ってみるか?」
 サイファは前を向いたまま、まるで表情を動かさずにさらりと言った。カイルは驚いて顔を真っ赤にすると、あたふたと目を泳がせた。
「えっ?! あっ、いや、あの……。力の差がありすぎて、私では相手にならないと……」
「冗談だ」
 サイファは無表情で彼を突き放した。
「……ですよね」
 カイルは乾いた笑いを張りつかせた。安堵の息をつきながらも、どこか残念そうだった。
「次が始まるぞ」
 画面にふたりの生徒の姿が浮かび上がった。互いに身構えると、合図とともに戦い始めた。
「なかなかいいですね、彼。冷静で、防御にもそつがないですし」
 しばらくモニタを眺めていたカイルは、軽く感心したように言った。サイファもうなずいた。
「ああ、ずいぶん成長したな」
 彼のその物言いに反応し、カイルは目をぱちくりさせながら振り向いた。
「お知り合いですか?」
「モニタから目を離すな」
 カイルはあわてて前を向いた。
「娘の友人だ」
 サイファがそう答えたとき、モニタの中では、リックの放った一撃で勝負が決まっていた。
 カイルは横目で様子を窺いながら、遠慮がちに尋ねた。
「まさかこれ、お嬢さんのクラス……ですか?」
「そうだ」
 サイファは短く返事をした。そして、冷静な表情を保ったままで言葉をつなげた。
「問題ないとは思うが、万が一のときは頼む」
 カイルは一瞬きょとんとしたが、すぐにはっとした。
「わかりました! 万が一、気を失われたときは、精いっぱい介抱させていただきます!」
 今度はサイファが驚いた。思わず彼に振り向く。監視を始めて以降、モニタから目をそらせたのはこれが初めてである。ふいに、気が抜けたようにふっと笑ってうつむいた。そして再び顔を上げると、真剣なまなざしでカイルを見た。
「君が見るのは、私ではなくモニタの方だ。私に構わず監視を続けろ」
 そう言うと、一瞬だけ視線を伏せ、すぐに戻した。
「あと、私が正当な理由なく戦いを中止しようとした場合には、君がそれを阻止してくれ。いいな」
「はい」
 カイルは少しばつが悪そうに、しゅんとしていた。

「次が最後だな。ジーク、アンジェリカ」
 試験は順調に進んでいき、とうとう最後の一組となった。ラウルが名を呼ぶと、ふたりはそろって前へ進み出た。そして、互いに顔を見合わせ、何も言わずに強気にニッと笑いあった。左右に分かれて、それぞれコクピットに乗り込む。
 ――絶対に負けないわ。
 アンジェリカは表情を引き締めた。
 ――あの一ヶ月をまるまる活かせるチャンスだ。感謝するぜ、ラウル……!
 ジークははやる気持ちを抑え、大きく深呼吸をした。
 ウィィィ……ン。
 電動音とともに蓋が閉まると、前面の大きなディスプレイにふたりの姿が映し出された。リックは祈るように両手を組み、不安そうにそれを見上げた。
「始め!」
 ラウルはヘッドセットのマイクに向かって合図をした。

 ジークは身構え、呪文を唱え始めた。しかし、アンジェリカは両手を上に向けただけで、呪文の詠唱なしに天から稲妻を落としてきた。ジークは飛び込むように地に臥せ、直撃の寸前で結界を張り、かろうじてそれを防いだ。だが、安堵している暇などなかった。彼女は光の矢を容赦なく雨のように降らせた。彼の頭上とそのまわりに切れ目なく打ち込んでいく。まわりの地面が次第にえぐれていった。
 嘘だろ、もたねぇ……っ!
 身を屈めたまま、ジークはさらに二重に結界を張った。それでも結界ごしに衝撃が伝わってくる。足元も心もとなく揺れる。このままでは上の結界か下の地面か、どちらかが崩れるのは時間の問題だ。
 くそっ! どうすれば……。
 ジークは顔をしかめながら天を仰ぎ、様子をうかがっていた。
 一瞬、わずかに攻撃が途切れた。彼はその好機を逃さなかった。すばやく結界を飛び出し、大きな溝を飛び越え、アンジェリカに突進していく。彼女は冷静に腕を前に突き出すと、手のひらから大きな光球を放った。
 ジークは横に飛び退き、すんでのところでそれをよける。が、完全にはよけきれなかった。熱いものが肩をかすめ、焼けるような痛みが走った。顔を歪ませ倒れ込みながらも、短く呪文を唱え反撃をする。瞬時に彼女の両腕は厚く凍りついた。
 しかし、それよりわずかに早く、彼女は衝撃波を放っていた。ジークは地面を転がりながら攻撃をかわすと、その勢いのまま立ち上がった。そして、呪文を唱えながら、再び彼女に猛突進していく。
 グワッ!!
 アンジェリカを中心に風が起こったかと思うと、大きく渦を巻きながら、彼女を取り囲むように高く火柱が上がった。ジークは踏ん張って足を止めると、あわてて後ろに飛び退いた。あやうく火炎に巻き込まれるところだった。この炎につかまれば、完全にアウトだっただろう。
 どうする……。この炎は防御壁にもなっていて、簡単には貫けそうもない。彼女が次の行動を起こすまで待つか、それとも――。
 ジークは炎の壁の上方を見上げた。そして、決意を固めたように小さくうなずくと、短く助走をつけ強く地面を蹴った。同時に、地面に光球を叩きつけ、その反動を利用し、高く上へ飛び上がった。炎壁の倍ほどの高さで、彼の体は最高点に達した。下方に目をやると、その中央にたたずむアンジェリカの黒い頭がはっきりと見えた。
 やっぱり頭の上はガラ空きだぜ!
 ニッと笑うと、声をひそめて呪文を唱えようとした。しかしそのとき、下方で何かが白く強くキラリと光った。なんだろうと目を凝らした瞬間、その光は凄まじい勢いで自分に向かってきた。光の矢だ! かわそうにも、自由落下中では思うように素早く身動きがとれない。彼は急いで前方に結界を張った。間一髪、間に合った……かに思えたが、光の矢は軽々とその結界を突き破り、彼の腹を串刺しにした。

 ふたりを映していたディスプレイが、そこでブラックアウトした。生徒たちはみな息を呑んだ。声を上げるものは誰もいない。その部屋は、水を打ったように静まり返っていた。
 ウィィィ……ン。
 静寂を切り裂く耳障りな電動音。それとともに、ふたつのコクピットが開いていった。
 リックは固唾を飲んで、組み合わせた両手にぐっと力を込めた。

「作戦大成功!」
 アンジェリカは無邪気に笑いながら、コクピットから飛び降りた。一方、ジークは青ざめた顔で、腹を押さえながら、よろよろと降りた。額には脂汗がにじんでいる。
「ジーク、大丈夫?!」
 リックは大急ぎで駆け寄り、彼の肩に手を掛け覗き込んだ。アンジェリカは彼のただならぬ様子を目にし、顔から血の気が引いた。前回の対戦後のことがフラッシュバックする。
「なっさけねぇ……」
 ジークは引きつりながらも、なんとか笑顔を作って見せた。
「心配すんな。そう痛いわけじゃねぇよ。腹を貫通したような気持ち悪い感触が残ってるだけだ」
 しかし、彼の気分がすぐれない理由はそれだけではなかった。射抜かれる瞬間の激しい恐怖が、くっきりと脳裏に焼きついていたのだ。圧倒的な力に感じた戦慄、本能が予感した死への怯え、そして彼女に対する深い怖れ――。だが、それは言えなかったし、言ってはならないと思った。

「これで今回の試験は終わりだ。解散」
 ラウルは静まったままの生徒たちに、一方的に終了を告げた。そして、ジークに顔を向けると、ゆっくりと腕を組んだ。いつものように冷淡なまなざしで睨むように見つめる。
「来い」
 短く高圧的にそう言うと、あごをしゃくって背を向けた。
「なんだろう?」
 リックは疑問と不安が入り混じり、怪訝につぶやいた。ジークはがっくりと肩を落としていた。
「たぶん説教だ。俺、いいとこなしだったしな。一ヶ月も修業してきて、結果このザマだ。殺されるかも……」
 彼の顔はさらに青ざめていった。
「そんな! ジークだって頑張ってたよ!」
「そうよ、ジークが悪いわけじゃないわ」
 ふたりの慰めも、今のジークには響かなかった。
「おまえらは先に帰ってくれ」
 疲れたように投げやりにそう頼むと、覇気のない足どりでラウルの背中を目指し歩き出した。
 リックとアンジェリカは、心配そうに顔を見合わせた。

「お嬢さん、すごいですね……。学生の戦い方じゃないですよ」
 カイルは呆然としながら言った。
「ああ」
 まさか、ここまでとは――。サイファは前かがみになり、膝にひじをついて手を組んだ。そして、何も映っていない真っ黒のモニタを、思いつめた表情で見つめていた。
 ガチャ――。
 扉が開き、ラウルともうひとりが入ってきた。
「連れてきたぞ」
「やあ、ジーク君」
 サイファはソファから立ち上がり、にっこり笑いながら歩み寄った。暗い顔で視線を落としていたジークは、サイファの登場に思わず目を見開いた。
「サイファさん! どうして……」
「ラウルのお目付役というところかな」
 ラウルが隣で思いきり睨んでいたが、サイファはまるで視界に入っていないかのように話を続けた。
「今の試験、すべて見させてもらったよ」
 ジークはこわばった表情でうつむいた。
「気にすることはない。君は頑張ったよ」
 サイファは彼の肩をポンとたたいた。ラウルは無表情で腕を組み、冷たく付け加えた。
「浅はかな行動や愚かな判断もあったがな」
 ジークはますます落ち込んだ。
「なあ、ジーク君」
 サイファは真剣に、じっと彼を見つめた。ジークはわずかに目線を上げ、不安そうに顔を曇らせた。
「君も感じたと思うが、あの子は成長している。これからもまだ伸びるだろう」
 ジークは無言でわずかにうなずいた。
「こんなことを言うのは酷だが、君はアンジェリカには勝てない。潜在能力が違いすぎる。今日の戦いを見て実感したよ」
 サイファは淡々と語った。そして、どこか遠くを見やるように視線を空に泳がせた。ジークは口をきゅっと結んだ。
「君も知っているだろうが、魔導に関して言えば、持って生まれたものに依るところが大きい。努力だけでは乗り越えられない壁があるんだ」
 サイファの表情がけわしくなった。重く、静かに、言葉をつなげる。
「アンジェリカは計り知れない力を持って生まれてきた。私でも適わないほどの力だ。……そうだろう?」
 そう言って、ラウルに同意を求めた。鋭い視線を彼に流す。
「……そうだな」
 ラウルは眉をひそめ睨み返し、ぶっきらぼうに吐き捨てた。
「そういうことだ」
 サイファはジークに向き直り、急ににっこりと笑顔になった。
「もちろん、可能性を信じて挑戦しつづけるのは君の自由だが、あまり思いつめるとつらいぞ」
「戦いでは勝てないが、それ以外の試験なら可能性もないわけではないだろう。難しいと思うがな」
 ラウルは腕組みをしたままで、横から口をはさんできた。ジークは何も言葉が出なかった。ただ暗い顔でうなだれるだけだった。
「そう落ち込むな。そうだ、昼食をおごるよ」
 サイファはジークの隣に並び、彼の背中に手をまわした。そして、思い出したように、ラウルに振り向いた。
「ラウル、おまえも来るか?」
「おまえに借りを作るのはごめんだ」
「おごるとは言ってないぞ」
 ラウルは怒りをたたえた瞳で、ぞっとするほど冷たく睨みつけると、何も言わず部屋を出ていった。しかし、それに震え上がったのは無関係のジークの方で、当の本人であるサイファは平然としていた。
「カイル、明日までに報告書を作成しておいてくれ」
「あっ、はい!」
 すっかり傍観者となっていたカイルは、突然に話を振られ、少しうろたえた。今が仕事中であることをすっかり忘れていた。
「さ、行こうか、ジーク君」
 サイファは彼の肩を抱き、ふたりで部屋を出ていった。
 カイルはうらやましそうにその光景を眺めながら、いろいろ考えをめぐらせていた。サイファと少年はどういう関係なのだろうか。ラウルとの間には何かあるのだろうか。自分はお昼ごはんに誘われもしなかった……。そして、薄暗いモニタールームにひとり取り残された事実に気がつくと、泣きたい気持ちでため息をついた。