遠くの光に踵を上げて

7. 圧倒

 ジークの放った光球に飲み込まれようかというまさにそのとき、ラウルは瞬間的に魔導力を高め、目の前の光球の倍もあろうかという規模の光球をその身体全体からから繰り出した。一瞬にしてジークの光球を飲み込み、それを相殺した。それでもその勢いはとどまらず、ジークに向かって突進していった。そのスピードは、ジークのものとは比べ物にならない。まるで反応できないまま、今度はジークが光球に飲み込まれそうになっていた。そのすんでのところ、その僅かな隙間に透明な結界が張られた。しかし、それも鈍く砕け散る。そして、同時にジークも吹き飛ばされた。

 リックたちはただ呆然としていた。一瞬にして起こったことに、考えが追いつかない。目の前は爆風が巻き起こした粉塵で、真っ白に煙っていた。

「ジーク……? ジーク?!」
 リックは大声で名前を呼びながら、粉っぽく、そしてまだ熱さが残る空間へと飛び込んでいった。大きく削れた床、砕け散った机、椅子、壁。ジークの姿は見当たらない。嫌な想像が頭の中を駆け巡り、今にも泣きそうな顔に変化していく。

「ドコ見てんだ……こ……っちだ」
 後方からかすかな声が耳に届いた。
「ジーク?!」
 瞳を潤ませながら、声の方に振り返った。リックが探していたよりも遥か後方にジークは倒れていた。既にアンジェリカが手当てを始めていたが、服はボロボロで、全身傷だらけだった。
「大丈夫?」
 駆け寄りながらリックが尋ねる。
「おまえな、大丈夫そうに見えるか? これが」
 ジークは力なく苦笑いをした。
「腕にひびが入ってそうね。ちゃんと診てもらわなきゃ」
 そういうと、アンジェリカは顔を上げた。彼女が投げかけた視線の先には、ラウルの姿があった。しばらくアンジェリカと視線を繋げたあと、ラウルは軽く溜め息をつきジークたちの方へ歩き出した。
 リックとジークはその足音を聞きながら、息が出来なくなっていた。リックはともかく、ジークにとっては初めて味わう恐怖心。鼓動さえ凍りつく。足音が止まり、その恐怖が最高潮に達したところで、ジークの身体は宙に浮かんだ。ラウルに抱きかかえられていたのだ。ジークはギョッとした。
「私は医者だといったのを忘れたのか」
 ラウルは何の表情も見せずに言った。ジークを軽々と抱えたまま、ボロボロに半壊した教室を後にした。アンジェリカも黙ってその後ろをついていった。
「……ま、待って。僕も!」
 我に返ったリックが小走りで後を追った。
 教室に取り残されたその他の生徒たちは、いまだに呆然としたままだった。
「オレたち、ひょっとしてとんでもないところに来たんじゃ……」
 その場にいたひとりが、ぽつりとつぶやいた。