機械仕掛けのカンパネラ

義理の兄の初恋

「乾杯」
 誠一は用意されたペアのグラスにシャンパンを注ぐと、二人掛けの応接ソファに並んで座っている澪と乾杯して、軽く口をつけた。なめらかな泡がはじけて芳醇な香りが鼻に抜けていく。
 澪もグラスから口を離すと感じ入ったように息をつき、背もたれに身を預けた。
「たまには実家でのんびりするのもいいよねぇ。ごちそうにシャンパンにおつまみに至れり尽くせり。あ、でも誠一はあんまり落ち着けない?」
「いや、十分くつろいでるよ」
 誠一はグラスを手にしたまま軽く笑って答える。
 それはまぎれもない本心だった。

 新年ということで、誠一たち夫婦はそろって澪の実家である橘邸に来ていた。
 中流階級で育った誠一からすると信じがたいほどの豪邸ではあるが、結婚前からよく滞在させてもらっていたので慣れているし、今回は一族の集まりがないこともあって気楽なものだった。
 何より橘邸のみんなとはそれなりに親しくしているのだ。ただ、坂崎七海という一年前に里子になった少女だけは、軽く挨拶をしたくらいで、言葉をかわしたことさえほとんどなかった。

「そうだ、せっかくだし遥も呼ぼうかな」
「えっ?」
 反射的に戸惑いの声を上げたが、そんな誠一の心境に気付いているのかいないのか、澪はシャンパングラスをローテーブルに置きながら話をつづける。
「何か話があるらしくて、あした時間を取ってほしいって言ってたんだよね。そんなにあらたまって何の話なのかすっごく気になるし、どうせならいま聞いちゃおうかなって」
 エヘッと笑うと、さっそく内線電話を取りに行った。
 遥というのは澪の双子の兄である。頭の回転が速く、辛辣で容赦のない物言いをすることも多いので、くつろげなくなりそうだとすこし残念に思ったが、反対までするつもりはない。
「誠一にも聞こえるようにスピーカーにするね」
 頼んでもいないのに、澪はわざわざスピーカーフォンにして遥の部屋に内線電話をかける。しばらくコール音がつづいて不在ではないかと思い始めたころ、ようやく通話がつながった。
『はい』
 その声はひどく気怠げで不機嫌そうに聞こえた。それでも澪は臆することなく話しかける。
「遥? 澪だけど、もしかして寝てた?」
『なんだ澪か……悪いけど取り込み中だからあとで折り返す、じゃあね』
 早口でそう言い切ると同時に、ピッと音がした。
 一瞬、通話が切られたのかと思ったが、まだつながっていた。ぼふん、と何か柔らかいものに落とされたような音がしたあと、すこし離れたところで喋っているような声が聞こえてきた。
『もう切ったから声出していいよ』
『遥のバカぁ、なんでこんなときに電話になんか……アッ』
 思わず二人してビクリと肩を揺らした。
 それは女性の声だった。女性というよりまだ少女なのかもしれない。それなのに気のせいか妙に色めいた響きもあって――。
『ん、あっ……あ、あんっあぁ』
 気のせいではなかった。
 甘やかでなまめかしい少女の声、必死に堪えるような男性の声、どちらともつかない息づかい、生々しい音――まるでのぞきでもしているような気持ちになり、息をひそめて聞き入ってしまう。
 やがてひときわ高い悲鳴のような声がして、静かになった。
 しばらくしてごそごそと布がこすれるような音がしたかと思うと、えっ、と困惑まじりの声が上がった。おそらく遥だろう。さきほどよりも大きく聞こえるのは受話器が近いということで。
『……もしかして、澪?』
「あ……うん……」
『そっちに行くから待ってて』
 そう言うと、今度こそ間違いなく通話が切れた。
 聡い遥のことだ。きっと一瞬にして何もかも理解したに違いない。通話を切ったつもりが切れていなかったということに、澪がそのままずっと聞いていたということに、そしてどう捉えたのかということも――。
「……ヤってたよね?」
「澪、言い方」
「うん……だけど……」
 確かにそうとしか思えないのだ。通話を切り損ねて気付かないという遥らしからぬミスも、行為の真っ只中であれば考えられなくもない。なぜそんなときに電話に出たのかはよくわからないけれど。
 それにしても――。
 あの遥が? 誰も好きになったことがないと言っていた遥が? 恋愛なんてするつもりもないと豪語していた遥が? 性欲なんて微塵もないみたいな顔をしていた遥が? いったい何があったというのだろう。
「相手ってやっぱり七海ちゃんなのかな」
「おい、怖いこと言うなよ」
「だって声が七海ちゃんに似てたし」
「そんなにはっきり聞こえなかっただろう」
「遥も『ナナミ』って呼んでたよね?」
「……よくある名前だ」
 本当は誠一も同じことが頭をよぎった。
 だが、いくらなんでもそんなことは絶対にあり得ない。あってはならないのだ。目を伏せたまま、腿の上で組み合わせた両手にグッと力をこめる。
「なあ……七海ちゃんはいま何歳だ?」
「中一だから十二か十三かな」
「十二だと合意があっても強姦扱いだぞ」
「え、そうなの?」
 声を聞くかぎり無理やりという感じではなかったが、それならいいというわけにはいかない。年齢も問題だし、里子と保護者代理という関係であることもまずい。別人であることを願ったのだが――。

 コンコン、とノックをして遥が入ってきた。
 誠一たちのほうを冷たく睨むように一瞥すると、澪の向かいの応接ソファにどっかりと腰を下ろし、ふぅと息をつく。その表情には隠しきれない疲れがにじんでいた。
「遥も飲むでしょ?」
 澪は笑顔で尋ねると、用意しておいた新しいグラスにシャンパンを注いで差し出す。それを遥は無言でグイッと一口飲んでテーブルに戻し、再び大きく息をついた。
「あのさ」
 じとりと正面の澪を見据え、低く切り出す。
「確かに通話を切るのを失敗したのは僕だし、怒る資格はないのかもしれないけど、普通はそっちが気を利かせて切るよね。ずっと盗み聞きしてるとか趣味悪すぎ」
「ごめーん、私も誠一もビックリして固まっちゃって」
 澪が軽く肩をすくめて謝罪する。それを聞いて、遥はうっすらと眉をひそめた。
「まさか誠一も聞いてたの?」
「あ、うん……スピーカーにしてたから」
「最悪」
 そう呻くようにつぶやいて深くうなだれる。顔は見えないが、ひどく落ち込んでいる様子は見てとれた。誠一はさすがに申し訳なく思ってしまったが、澪は悪びれもせず追い打ちをかける。
「電話なんか出なければよかったのに」
「時間的にじいさんだと思ったんだよ」
「あー……」
 澪によると、剛三は夜など在宅しているはずの時間に内線電話に出ないと、使用人に様子を見に行かせることがあるらしい。それなら電話に出てやりすごそうと考えるのもわかる気がした。
「おじいさまにも秘密にしてるの?」
「いや、とっくに知られてるし報告もした」
「……もしかして相手は七海ちゃん?」
「ああ」
 本当に坂崎七海だった。
 遥は顔を上げ、心配そうにしている澪をまっすぐ見つめて言葉を継ぐ。
「澪にはあした報告するつもりだったけど、二週間ほどまえから七海とつきあってて、将来的には結婚するつもりでいる。じいさんの承諾も得た。七海本人にはまだそこまでの話はしてないけど」
「そっか」
 澪は安堵したように息をついた。
 確かに真剣交際であることは誠一もよかったと思う。中学生の少女に対して結婚まで考えているのはいささか重い気もするが、弄ぶよりはよほどいい。けれど問題はまだ残っているのだ。
「いや、交際するのはいいとしても手を出すのは早すぎなんじゃないか?」
「七海は十三歳だから真剣交際で合意があれば犯罪にならないよね」
「それ、は……だからって問題がないわけじゃないんだぞ」
「十六歳の女子高生に手を出したおまわりさんにだけは説教されたくない」
「ぐっ……」
 そこを突かれると弱い。
 警察官でありながら、十六歳の女子高生とつきあって手を出したのは事実である。しかも誠一はそのとき彼女の保護者に報告もしていなかったし、結婚など頭にもなかった。
「まあいいじゃない」
 ギスギスした雰囲気を払拭するかのように、澪が元気な声を上げた。
「七海ちゃんもおじいさまもいいって言ってるみたいだし。それよりいろいろ詳しく聞かせてよ。ね、いつごろ好きになったの? どんなところが好きなの? どうやって告白したの?」
「……言わないよ」
「えー、すこしくらい教えてよ!」
 澪が食い下がっても、遥は無視して素知らぬ顔でシャンパンを口に運ぶ。
 恋愛事情を聞かれることに抵抗がある気持ちはわかる。身内相手ならなおさらだ。同情はするが、誠一もそのあたりのことに興味があったので、無遠慮な澪をあえて止めようとはしなかった。

「寝ちゃったね……」
 遥はソファの背もたれにくったりと身を預けて、静かに寝息を立てていた。その頬はほんのりと紅潮している。あまりアルコールに強くないとは聞いていたが、まさかシャンパン一杯で潰れるとは――。
「二杯くらいなら普通に飲めるって言ってたんだけど」
「まあ、こころやからだの状態にもよるからな」
 普段はなんてことのない量でも、疲れていたり落ち込んでいたりすると酔ってしまうことはある。遥もきっと疲れていたのだろう。その原因は自分にもあるので誠一はすこし責任を感じてしまった。
「どうしよう? 遥の部屋まで運ぶのは大変だよね」
「ここのベッドに寝かせるか」
 さすがに自分より大きな人間を抱えて階段を上るのは難しい。さいわい奥の寝室にはダブルサイズのベッドが二つあるので、片方を遥に譲り、もう片方で誠一と澪がいっしょに寝ればいいだろう。
「遥、ほら、ちょっとだけ歩けるか?」
「ん……」
 ひざまずいてペチペチと頬を叩きながら呼びかけると、彼はゆるりと目を覚ました。しかしまだ意識がはっきりしないらしく、黒曜石のような瞳をとろんと潤ませたまま、ぼんやりと振り向く。
 目が合い、誠一はドキリとして息をのんだ。
 双子だけあって澪と似ているので心臓に悪い。高校生のころは瓜二つといってもいいくらいだったが、いまは男女の違いもあって瓜二つとまではいえない。それでも目元はそっくりなのだ。
「行くぞ」
 気を取り直すと、肩を貸してどうにか寝室まで連れて行きベッドに横たえる。すぐに彼はすうすうと寝息を立て始めた。そのあどけない寝顔に、無防備な姿に、誠一はひどく胸がざわついて何とも言えない気持ちになった。

「きのうたくさん食べちゃったから、そのぶん運動してカロリー消費しないとね!」
 翌朝、誠一と澪はトレーニングウェアを身につけて地下室に向かった。
 そこはいわゆるホームジムである。ランニングマシン、エアロバイク、筋力トレーニングマシンなどの器具に加えて、ストレッチや武術の練習ができる場所もあったりと、かなり本格的なものだ。
 ただ、それが完成したのは澪が結婚して実家を離れたあとだった。そのことを彼女はひどく残念がっていて、うらやましがっていて、実家に帰るたびにこうして二人で使わせてもらっているのだ。
 誠一は正直なところ澪につきあわされているだけである。ただ、デスクワークばかりで体がなまってきている自覚はあるので、たまには真面目に運動するのも悪くないと前向きに捉えている。
「まずは準備運動からね」
「ああ」
 そのとき入口のほうからガチャッという音が聞こえて、振り向いた。
 そこには七海がいた。トレーニングウェアを着ているので目的は同じだろう。ただ誠一たちが来ていることは予想もしていなかったようで、扉に手をかけたまま凍りついたように固まっている。
「七海ちゃん、驚かせちゃったみたいでゴメンね。私たちも使わせてもらってるんだ。もしよかったら一緒にやらない?」
「あ、はい……」
 澪が笑顔で誘うと、七海はぎこちなく頷いてトコトコと階段を降りてきた。まだ戸惑いは拭えないようだ。それでも澪は気にする様子もなく平然と話しかける。
「遥は一緒じゃないんだね」
「えっと、まだ寝てたみたいで」
「あー……」
 彼は夜明け前に目を覚まして自力で帰っていったのだが、とても眠そうだった。もっとも気分は悪くなさそうだったし、足取りもしっかりとしていたので、澪も心配はしていないのだろう。
「じゃ、始めよっか」
 三人で軽く走り、そのあと何となく輪になって準備体操を始める。なぜか客人であるはずの澪が勝手に仕切っているのだが、七海はどことなく居心地が悪そうにしながらも、素直に従っていた。
 そんな彼女を、あらためて誠一はこっそりと観察する。
 最初に見たときはまだ小さくて少年のようだった。あれから二年半で驚くほど背が伸びたし、女性らしさも出てきたが、それでもまだまだ未成熟な少女にしか見えない。顔なんか子供のままだ。
 この子を、遥は――きのう内線電話で聞いた声が頭の中によみがえり、それが目のまえの少女と結びついて思わず想像してしまった。うっかり体が熱くなりかけてあわてて意識をそらすが。
「ねぇ、七海ちゃんって遥とつきあってるんだよね?」
 澪がにこやかにそう切り出した。
「きのう遥から聞いてほんとびっくりしちゃった。七海ちゃんも幸せならそれでいいんだけど、遥からの告白だし、もしかしたら断りづらかったんじゃないかなー、ってちょっと心配で」
 昨晩のように無邪気にコイバナをせがむのかと思ったが、そうではなかった。話しぶりも意外と慎重で気をつかっていることが窺える。七海はすこし怪訝な顔になりながらも冷静に口を開いた。
「大丈夫です。僕が自分でちゃんと考えてつきあうって決めたので」
「つきあってみてどう? 嫌なこととか困ってることとかはない?」
「え、別にないですけど……?」
 この反応からすると本当に嫌だとは思っていないのだろう。遥とつきあうことも、それに伴う行為も。それを確信したくて尋ねたであろう澪もほっと息をつく。
「そっか……でも私たちはこれからも七海ちゃんの味方だから。変なことされて困ってるとか、別れたいのに別れられないとか、もし何かあったら気軽に相談してね」
「僕のこと信じてなかったんだ」
 食い気味に冷ややかな声が響いた。
 振り向くと、いつのまに入室していたのか扉のそばに遥が立っていた。怒っているのかいないのか表情からはわからない。誠一は動揺したが、澪は悪びれることなく笑顔で話しかける。
「二日酔いはもういいの?」
「すこし眠いだけ」
 階段を降りながら遥は気怠げに答えた。
「まあ、七海の味方になってくれるのはありがたいけどね。澪は同じ女性だし、誠一は信頼できる清廉潔白なおまわりさんだし」
「ぐっ……」
 完全に嫌味だが、七海のまえで言及することは憚られて口を引きむすんだ。隣では澪が他人事のように笑っている。しかし、七海はこちらを一瞥もしないで彼のほうへ駆け出していた。
「遥、準備運動するなら僕もつきあうよ」
「途中までやってたんじゃないの?」
「いいよ、もういちど最初からやるから」
「じゃあ一緒にやろうか」
 遥がふっと表情をゆるめてそう応じると、二人で走り始めた。
 それを横目で見ながら、誠一と澪は並んでエアロバイクをゆるゆるとこぎ始める。自分のトレーニングより遥たちのほうが気になるのは、澪も同じようだ。
「ね、なんかすごくいい感じじゃない?」
「まあ、な……」
 澪がエアロバイクにまたがったまま身を乗り出して耳打ちし、誠一も同意する。
 七海は思ったよりもずっと遥に懐いているようだった。自然な表情を見せているし、萎縮することなく対等に話しているように感じる。そして遥のほうも彼女には心を許しているように見えた。
 このまま、何事もなく結婚までいければいいんだが――。
 七海の年齢からしても、二人の立場からしても、なかなか難しいのではないかという気はしている。それでも自然に寄り添っている姿を見てしまうと、幸せな結末を願わずにはいられなかった。