虚空碧海 感想掲示板

小説の感想・批評・催促など大歓迎です! 初めての方もお気軽にどうぞ。ひとこと感想でも、たっぷり感想でも、どちらでも嬉しいです。

すでに物語内で明らかにされている事柄は、伏せずに書き込んでくださって結構です。気にせずどうぞ。ただし、展開予想や推測はご遠慮くださいね。

novel title は、どの小説に感想を書くかの選択になります。いずれかひとつ選択をお願いいたします。

メッセージ欄のみ必須です。それ以外の項目は入力しなくても OKです。

書き込みフォーム

novel title





name

title

message(必須)


cookieに記録
(次回より名前等の入力の手間が省けます)

掲示板表示切り替え

タイトル:  

表示件数:  

表示年月: 月 

旧掲示板(〜2004.04.13)はこちら


ピンクローズ - Pink Rose -

すごい……です

name: ツェルン
date: 11/13/2015 (Fri) 12:51:17

ただただ凄いとしか形容できなり自分の語彙の無さに嘆くばかりですが……(笑)

エブリスタの方でピンクローズを読ませていただいて、そこからこのサイトに来てみたのですが、驚きと感動の連続でした。

好奇心をバリバリ刺激され、鳥肌ものの衝撃をうけました。
いつかは自分もこのようなサイトを運営してみたいものです……

小説のみならずイラストも素敵で、一枚一枚じっくり鑑賞させてもらいました!

うまく言い表せませんが、心に響いたといったところでしょうか。

素敵な時間をありがとうございました。上からな言い方になってしまいますが、これからも頑張ってください。期待と応援をしながら更新を楽しみにしております

ツェルンさん、はじめまして。エブリスタからわざわざお越しくださったのですね。そのうえ書き込みまで本当にありがとうございます!

ほとんど読者もいないままチマチマ続けてきただけのサイトですが、そう言っていただけると続けてきた甲斐がありました。これからも細々と淡々と続けていくと思います。

イラストまで見てくださってありがとうございます。今はあまり描いていませんが、もともとは小説ではなく漫画・イラストを描いていたのです。

暇つぶしにしてもらえるだけでも嬉しいですが、何か心に残るものがあれば作者としてとても幸せです。

from 瑞原唯子 11/14/2015 (Sat) 02:39:52


東京ラビリンス

(no title)

name: 和泉
date: 04/06/2013 (Sat) 20:21:16

はじめまして。和泉と申します。
東京ラビリンスを見ましたが、とても面白いですね!
橘一家は、他の家よりも少し、否、かなり違いますし、複雑な事情を抱えていますよね。
大地や美咲・澪や遥の親子関係や、怪盗ファントムなどなど・・・。
剛三さん、会長として一人でそんなに抱え込んできて本当にすごいと思います。
あの性格だからこそなんでしょうね。
ちなみに、私は遥が一番好きです!
冷静であまり感情を表に出さないけれど、頼りになるし、澪を大切に思っている、そこがとても好きです。
ファントムでの役目のように、影で支えているタイプでしょうね。
大人になったら剛三さんみたいになりそうです…。
あと、最近大人達に澪ばっかり気を使われていてすごいかわいそうに思ってしまいます。
遥の方が跡取りとしての責任もあって大変だと思うんですけどね・・・。
長文失礼致しました。

和泉さん、初めまして。ご感想ありがとうございました! 長文感想も大歓迎です! 読んでくださっただけでもありがたいのに、面白いと思っていただけて、丁寧な感想までいただけて、本当にすごくすごく嬉しいです。

遥を気に入ってくださってありがとうございます。自分が前に出るタイプではないので目立ちはしないですが、地味に重要な役割を担っていると思います〜。

澪ばっかり気遣われるのはそうですね。遥はしっかりしているので大丈夫と思われているからでしょうか。大変なことがあってもまわりにはあまり見せないですし。あと澪に惚れてる人たちが多いので必然的に(笑)。

これからも連載を続けていきますので、完結までお付き合いいただければ幸いです。

from 瑞原唯子 04/08/2013 (Mon) 22:20:38


ピンクローズ - Pink Rose -

「ピンクローズ - Pink Rose -」感想

name: (no name)
date: 11/17/2011 (Thu) 21:06:33

まだ 読んでいませんが 綺麗なイラストですね 特に 女の子の方が!

ありがとうございます! 気が向かれましたら、小説の方も読んでくださると嬉しいです〜。

from 瑞原唯子 11/18/2011 (Fri) 08:05:00


遠くの光に踵を上げて

「遠くの光に踵を上げて」感想

name: ゆえな
date: 04/30/2011 (Sat) 19:57:48

はじめまして、初めから読みました。
とってもワクワクして、ジークのまっすぐさが危うく脆く感じ応援したくなりました。
ユーベルトのコンプレックスや親への心の動きには強い思いを感じました。
私的にはリックとセリカはもっと登場して欲しかったです。
サイファさんは個人的にはとても好きです。何がなんでも上を目指して自分でやるということ
人任せにしないということがとても輝いて見えました。
ルーファンスたちはもう少し話を延ばしても楽しめたかなって思いました。
でも最後までとても楽しかったです。

ゆえなさん、初めまして。丁寧なご感想ありがとうございます! 楽しんでいただけて良かったです!

リックとセリカの話は、私としても書きたい気持ちはあったのですが、なかなか割り込ませることができなくて、必要最低限になってしまいました。ルーファスたちのあたりも、もう少し丁寧に書けば良かったかもしれませんね。

サイファを気に入ってくださってありがとうございます。私としても、彼は行動力があるので書いていて楽しかったです。彼がいると話が動いてくれるというか(笑)。

from 瑞原唯子 05/04/2011 (Wed) 08:34:34


遠くの光に踵を上げて

「遠くの光に踵を上げて」感想

name: ポップコーン
date: 02/08/2011 (Tue) 17:10:03

もうサイファかっこよすぎ♪
だいすきだぁ こんな人現実でもおったらいいのになぁ (≧∀≦*)
胸きゅんきゅんするわぁ

もうほんと大好き やさしくて妻思いで・・・ 

サイファ らぶ

ポップコーンさん、ご感想ありがとうございます。そしてサイファを気に入ってくださってありがとうございます! きゅんきゅんしていただけてとても嬉しいです〜。そのうち番外編にサイファを出せればと思っていますので、またいつかいらしてくださいね!

from 瑞原唯子 02/13/2011 (Sun) 14:31:27


東京ラビリンス

「東京ラビリンス」感想

name: (no name)
date: 08/13/2010 (Fri) 02:29:15

師匠に萌える〜!続きも楽しみにしてます!!

わーありがとうございます! 師匠はまた登場しますので、楽しみにしていてくださいね!

from 瑞原唯子 08/13/2010 (Fri) 13:04:57


ピンクローズ - Pink Rose -

「ピンクローズ - Pink Rose -」感想

name: TAKA
date: 03/24/2010 (Wed) 03:01:18

間違えてmailformで送信してしまいました。すみません。
「指定席」読みました!
小さい頃からサシファにとってレイチェルは特別な存在だったんだなとしみじみ感じてしまいました。レイチェルにもそうであってほしいです。
なんかサイファの健気さに読んでいてその後の展開を知っている身としては泣けてきました。
レイチェルにもっとサイファを大事にしてあげて!といいてくてたまりません(笑)

TAKAさん、ご感想ありがとうございます!

このころの二人の話は、本編ではあまり書いていなかったように思うので、この機会(カップルコンビ投票1位記念)に書いてみました。

確かに、その後の展開を知っていると、少し切ない話なんですよね。けっこうサイファは大人げなかったりするんですけど(笑)。それだけ不安ということなのかもしれません。

メールフォームでのことはお気になさらないでください〜。というか、パッと見、どちらかわかりづらくて申し訳ありません(汗)。

from 瑞原唯子 03/25/2010 (Thu) 19:53:30


遠くの光に踵を上げて

(no title)

name: りんご
date: 01/08/2010 (Fri) 18:00:42

はじめまして。ピンクローズ 遠くの光に、、、の順で読みました。2つの作品を読んで信じていた2人に裏切られても2人に怒りをぶつけることも憎むこともなくアンジェリカとレイチェルを受け入れ守ったサイファに惹かれました。彼は最後にレイチェルに再びラウルに教えてもらうことを勧めましたが あれだけ心に傷を負うと日常生活のなにげないときでも あの時の心の痛みを思い出して苦しいことがあるはずです。レイチェルを信じていてもいやでも思い出してしまうことがあるのを承知のうえでレイチェルのためにラウルにもう一度家庭教師をしてもらうことを選択した、常に自分の気持ちよりレイチェルとアンジェリカの幸せを考えて選択する彼の姿に切なくなりました。2度目の2人だけの結婚式で14年前よりもっと強くもっと深くともに生きる決意を2人が交わしたときは、14年間2人がどれだけ支えあって労わりあって生きてきたかを感じることができ私の心の中も温かくなりました。ピンクローズのレイチェルは好きにはなれませんでしたが、遠くの光にを読んでレイチェルが好きになりました。自分の犯した罪を正面から見て逃げないし言い訳もしない。自分の犯した罪の深さを知ったぶん もう二度と罪を重ねないという想いも伝わってきました。また妻になり母になり、彼女が一番守りたい場所ができたことも彼女を大人にしたと思います。ラウルにサイファに裏切られてもついて行くとためらいなく答えたり、サイファに 従います この指輪を嵌めた時に覚悟は決めたと言ったり、レイチェルの強い覚悟が感じられる部分を読むたびに なんてステキな女性に成長したのだろうと思いました。このお話の中で2度ラウルがレイチェルに自分と一緒に行こうと言いますが、実の娘のアンジェリカをこれ以上傷つけたくないという思いがあれば あの言葉はでなかったと思います。やはりいつも常に2人の幸せを一番に考えるサイファがアンジェリカの父親だと思いました。レイチェルはラウルを傷つけてしまったことに申し訳ない気持ちがあっても自分の選択を後悔はしていないと思います。彼女は14年前に遠くの光に踵を上げて幸せを求めて歩きだしたと私は思っています。今はアンジェリカが自分の人生を自分の意思でレイチェルのように歩き出したと思っています。ラウルにもいつか幸せが訪れることを願っています。

りんごさん、初めまして。長文のご感想ありがとうございます! しっかりと受け取りました! こんなにも深く丁寧に読んでくださって、作者としてこれほど嬉しいことはありません。

特にレイチェルの成長を感じ取ってくださったことが嬉しかったです。やはり様々な経験を重ねることで大人になっていくものだと思います。自分の罪を自覚したことと、母親になったことが、彼女にとって大きかったのかもしれません。そして、彼女がそうなれたのも、サイファの愛情があってこそだと思います。

> 彼女は14年前に遠くの光に踵を上げて幸せを求めて歩きだした

まさにその通りですね! 「ピンクローズ」から「遠くの光に踵を上げて」へ、きれいに繋げていただいて感動しました! ありがとうございます!!

from 瑞原唯子 01/10/2010 (Sun) 01:04:28


ピンクローズ - Pink Rose -

(no title)

name: ベティ
date: 01/01/2010 (Fri) 21:27:07

 こんばんは。
 ピンクローズの連載が始まってから、サイファ派の私としては嫌な方向に進んでいきそうで読むのをやめてしまっていたのですが(すみません……)、この前ひさびさに見たら完結していたのでもう一度最初から読ませていただきました。
 私の予想をいい意味で裏切って両方とも納得できるようなエンディングだったのでやっぱり読んで良かったと思います。サイファの優しさが伝わってきました。ラウルもいろいろ大変だったんだろうな……と、読む前よりは温かい目で見れるようになったような気がします。
 新連載も楽しみにしてます!

ベティさん、こんにちは。ご感想ありがとうございます!

読む読まないはまったくの自由ですので、読むのをやめても謝ることはないですよ〜。多分、他にもそういう方はたくさんいらしたのではないかと思います。でも、自分としてはいちばん書きたかったのは後半の方なので、最後まで読んでほしい気持ちはありますし、不安に思いつつも読んでくださったことに感謝しています!

そして、読んで良かったと思っていただけてほっとしました。話の内容が内容だけに、受け入れられない人もたくさんいそうですが、少しでも良かったと思ってくださる方がいてくれれば、書いた甲斐があったと報われたような気持ちになります。

新連載も考えていますので、掲載したときには、お目を通していただければ幸いです。ご期待に添えるかは自信がないですが(汗)、せいいっぱい頑張りたいと思います!

from 瑞原唯子 01/03/2010 (Sun) 00:08:56


ピンクローズ - Pink Rose -

「ピンクローズ - Pink Rose -」感想

name: (no name)
date: 12/17/2009 (Thu) 08:29:57

ラウルよりサイファのほうが可哀想に感じてしまいます。

ご感想ありがとうございます! そうですね、そう感じる方が多いようです。サイファには同情が集まっていて、ラウルは非難され放題な感じです(笑)。よろしければ最後まで見届けてくださいね!

from 瑞原唯子 12/18/2009 (Fri) 19:33:42


NEXT